不倫日記

不倫をやめたい人の背中を押せるかもしれないブログ

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

暴走不倫女がガチで怖い

先日、不倫の怖い話ということで書いてみたんですが(リンクだけですが)、コメントでも怖いお話を頂いています。

お父さん達、明日は我が身かもしれませんよ。
追い込まれたときに実は一番力になってくれる人の存在をないがしろにしちゃあいけません。


浮気をされた妻です。はじめまして。
夫に浮気され、毎日をどう過ごしたらよいのかわかないでいる中、こちらのブログを見つけました。
私の場合、浮気相手の女性から慰謝料請求の通知書が届いたことがきっかけで、夫の浮気を知ることとなりました。

その女の言い分はこうです。

『浮気が自分のダンナにばれた。そのため毎日ダンナに責められ、離婚だなんだとか親権などで言い合いになった。 当事者が2人いるのに、自分だけが苦しい思いをするなんておかしい。自分の家庭だけがメチャクチャになって一方は何も知らずに幸せに暮らしてるなんておかしい。何かを失くすべきだ。だから仕事辞めて下さい。それが自分に対するお詫びである。辞めなければ会社にバラします。』

会社を辞めない夫に対し、女はセクハラされたというストーリーをでっち上げて慰謝料請求してきました。

それにしてもこんな怖ろしい女(中年女です)がいるなんて、私はただただ呆然とするばかりです。

(中略)

結末を迎えるとき、その人の本性が出ます。
夫は、脅迫を受けた時点で急激に愛情が冷め、恐怖で怯えたそうです。二度と近寄りたくないと思ったそうです。顔も見たくないし声も聞きたくないそうです。愛を語り合っていた期間の記憶も抹消したいそうです。
ちなみに、脅迫の一つ前に送られてきた女から夫へのメールは、ダンナにバレてしまってもなおメールのやりとりだけは続けていきたい、私を救って、という未練たらたらの内容です。
この女は本当に怖いです。

世の男性方、あなたの愛する不倫相手は、
実はこんなに恐ろしい人かも知れませんよ。

本性なんて、泥沼にならなきゃわかりませんよ。

こんなことになる前に、すぐに不倫をやめましょう。

ありがとうございました。本当に怖いお話です。震え上がりそうですけども、男女だからこそ本性が見えにくいってのはありますよね。ましてや、自称「愛をささやき合う」関係なんですから。

結末を迎えるときにこそ、本性が見えてしまうってのは男も女も同じだと思うんですけども、結局追い込まれた男性を救うのは奥様の力であると思います。こちらの奥様、本当に偉いと思います。

当事者っていうのは、何があってもしょうがないと思うんです。明確な意志があったわけだから。でもそうじゃない人もいるわけで、そういった人たちから感じる、前を向いて行こうとする姿勢には本当に頭が下がります。

お父さんたちも、不倫なんかしてる場合じゃないっすよ。

関連記事

| 不倫された方から | 00:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私の夫の不倫相手。
結婚詐欺だといい、慰謝料請求とかいいました、不倫相手の親もです。
常識がわかりません。
まだ水面下で続いてる二人、この次相手が爆発したら、夫は間違いなく破滅するでしょう、独身者で30過ぎの女と不倫したら、本当に悪夢だと思います。

まだ夫は相手を天使だと思ってるみたいですが…

| mokurennohana | 2012/10/06 21:09 |

mokurennohanaさん

はじめまして。
お名前は、漢字で木蓮の花さんでよろしいでしょうかね。
よろしくお願いします。

>不倫相手の親もです。
>常識がわかりません。

同じ言語を話していても言葉が通じない相手というのはいるものです。

>この次相手が爆発したら、夫は間違いなく破滅するでしょう、

それはマズいんじゃないでしょうかね。mokurennohanaさんにとって。
破滅から救えるのは、mokurennohanaさんだけだと思いますがいかがでしょう。

>まだ夫は相手を天使だと思ってるみたいですが…

頭に不倫のお花が咲いてしまうのは、人にもよりますけど永遠ではないです。
早いか遅いかの違いで、冷めるものです。

私の理解力が足りなくて状況を飲み込めていませんが、
不倫女の暴発は目が覚める機会にもなると思います。

モクレンの花言葉は「自然な愛情」だそうです。素敵ですね。

| onimaru | 2012/10/07 00:25 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

https://onimaru.blog.fc2.com/tb.php/858-2d8cb872

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT