不倫日記

不倫をやめたい人の背中を押せるかもしれないブログ

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自分のナルシストぶりに気づいた時

不倫おやじと決別できた方からコメントを頂きました。ありがとうございます。

すごく重要なヒントがあるように思います。


復縁プレイを繰り返し、やっと1ヶ月前に決別し、気持ちに波はありながらも、今はもうこれが最後だったな。という気持ちです。

onimaruさんがコメントで書かれていた、「未練はナイ」という気持ち。なんだかわかるような気がします。今でも彼を人として好きなのは変わらないけれど、何というか、「不倫相手」であった彼に未練はナイというか…つまり、元の関係に戻ろうとは全く思わなくなりました。

それから、皆さんの辛い気持ちのコメントを見て、わたしも全く同じように思ったし、苦しくて苦しくて仕方ない気持ち、痛いほどわかります。

だから私も以前は彼の甘いささやきにのってしまい、一時の安心の為に繰り返す。その後に苦しみがあるってわかっていたのに…。そんな感じでした。


でも、今完全に決別して、冷静になって思うのは、「そんな自分に酔っていた」だけなんじゃないかなってことです。

こんなに人を愛せるなんて!!苦しい…でも彼を愛している!!あぁ、運命のイタズラ。苦しい恋しかできないわたしも彼も可哀想!!…と。

本当に可哀想なのは、何もしらない奥さんです。自分、バカでした。

「好き」って感情を印籠のように自分自身に振りかざし、恋愛至上主義よろしく、(辛い)恋愛をしている自分に惚れ惚れ…

個人的な意見ですが、不倫をやめるにあたり実は彼がどうとか、関係無なかったかな、と。

無意味な不毛な関係に酔いしれ、悲劇のヒロインぶっている自分のナルシストぶり気づいた時、こんな恥ずかしいことはない!と思って一気に気持ちが切れました。

考え方は人それぞれなので、万能とは言い切れませんが…色々苦悶して、私はこの境地に行き着きました。

「自分で自分を裏切らない。格好悪い生き方をしない。」

こう強く思った時が立ち直り時。

彼との事は、思い出。後にも先にもなく、あの瞬間だけの大切な思い出。
それ以上でもそれ以下でも無く。

心にしまって生きていく。
そっちの方がカッコいいし、美しいと思います。

ありがとうございました。

酔いというのは確かにあるのかもしれません。コメントを頂いた方のように気がつくことが出来れば、それが脱却へのステップになるはずです。

アルコールでも酔っている人に「酔っているよ」と指摘したところで、「酔ってない」と言うに決まっているのと同様、不倫も渦中に居ると気がつくのが難しいですけどね。

コメントでも頂いているように、なにしろ黄門サマもびっくり!最強の印籠「好き」がありますから。水戸家の印籠なんかメじゃないですよ。

ただし、こちらの印籠は悪人をビビらせるのではなくて、本人の気持を封じ込めてしまう、ということなんです。

さすがにコレばかりは、周りが何を言おうが、本人が気がつくしかないわけです。と、言う事は自分で気がつけばそこがチャンスとも言えますけどね。

確実に言えるのは、前を向けた女性はキレイだし、カッコいいってことです。ありがとうございました。

関連記事

| 不倫から脱却できた方のメッセージ | 01:05 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

かっこいい!

こんにちは!さくらです。この方のコメントを読んですごくかっこいいと思いました。
大切なヒントを教えてもらったような気がします。

私もあれから前向きにこの気持ちを少しずつ考えられるようになりました。

私の中で大好きだった人は心から全く信じられない人になりました。
正直悔しい気持ちや信じたかった未練ある想いは沢山あるけど、人を傷付けるより自分自身に未練があった方がマシなんじゃないかと思います。
未練は、生きていく内に忘れていくからいつの間にか必ず消えるけど、人を傷付けた事実は消えないからです。

人の不幸の上で自分だけが幸せになるのは違うと思うんです。

みんなが幸せになってほしいと心から思います。
どんな恋人同士もどんな家族もみんな幸せになってほしいです。

私は間違っていた。
感情や思いやりが麻痺して正しいことがわからなくなってたんだと思います。

怖いですね。
不倫の最中はわからないものです。正に洗脳ですね。

でも、だからこそみんなが優しさと思いやりと誠実な心があれば、世界中にいる人々が幸せになるような気がするんです。

今は、私は不倫を自らやめられたんだという気持ちがとても嬉しいです。


あの人の心の中には、私が思い出としてずっと残る。
私の心の中では、これから沢山の出会いがあり、幸せが待ってるからいつか消える。っていうか、実は既にもう顔も声も姿も忘れちゃってます。

相手は現実逃避のただの遊びに過ぎないし、私も好きだったけど私の中の疑似恋愛に過ぎない恋愛だったんじゃないかと今思います。

だからもう二度と会わなくても平気です。別に一生傍にいたい人じゃないから。

みんなが幸せになりますように、みんなが笑って毎日を過ごせますように。と願ってます。

| さくら | 2011/09/29 01:23 | ≫ EDIT

さくらさん

こんにちわ。しばらくでした

>こんにちは!さくらです。この方のコメントを読んですごくかっこいいと思いました。

私もそう思いました。カッコいいですね
もちろん書かれた方は意識されたわけではなくて、
結果として、カッコいいということになったんです。

>怖いですね。
>不倫の最中はわからないものです。正に洗脳ですね。

ホント怖いですよね。「酔い」に関しては自分で気がつかないです。
ですからアルコールと似たようなものかもしれません。

>だからもう二度と会わなくても平気です。別に一生傍にいたい人じゃないから。

失礼ながら私もそう思います。
だいたいが、「結婚してることを隠してる」時点で下心満載の確信犯だと思うんですね。
そんなことを隠す時点で、信頼度ゼロですから。

>みんなが幸せになりますように、みんなが笑って毎日を過ごせますように。と願ってます。

そういうことを言える人は、きっとそうなれると思ってますよ。


| onimaru | 2011/09/30 01:42 |

カッコいいです☆

onimaruさん、こんばんは

いつもonimaruさんのブログに勇気づけられてます

さくらさん、以前はコメントにお返事ありがとうございます
(^-^)/

さくらさん、一歩も二歩も前に進んでますね!

私は足踏み状態です…(>_<)

私と彼は、結婚したら上手くいかない関係です(v_v;)

不倫関係だからこそ続いてる関係です

もちろん遊びだなんて思っていません

結婚はないから、いつでもサヨナラできるって思ってたんですが…
なかなか離れられず…
キッカケもつかめず…

1人でバタバタ足踏みしています

皆さんより遅いかもしれませんが、少しずつ前に進みたいと思います

まずはモヤモヤしてる自分の気持ちと闘います!
彼の気持ちはその次です!

コメントにもあったように
自分を裏切りたくないです
カッコ悪い生き方したくないです

いつかサヨナラできましたってコメント書きます

onimaruさん、気長に待ってて下さい
m(_ _)m

| るう | 2011/10/01 00:50 |

るうさん

こんにちわ

>皆さんより遅いかもしれませんが、少しずつ前に進みたいと思います

そうですね。それがいいと思いますよ。
少しでも前に進むということが大事でして、一気になんて進まないものです。
3歩進んで2歩下がってもいいです。結果として一歩進んでるんですから。
0歩でも、マイナスよりはいいです。

焦らないでくださいね。

| onimaru | 2011/10/01 01:56 |

5時間前に ピリオドをうちました

長~い六年の 不倫にようやく 終わりうてました

決めた後に 見つけたのが この ブログでした

不倫日記と共に 新しいスタート切りたいと思います
3つの良い事 私も実践してみたいと 思っています

| ニュウグリーン | 2011/10/01 02:58 |

三歩進んで///

onimaruさん、
先日は私のコメントに返信をいただきましてありがとうございます。
すごく励みになりましたし
嬉しかったです。
さすがはかよわき女性の味方(笑)!

今週はとても大変な一週間でしたが
昨日、別れを告げました。
これで何度目でしょうか
何度足止めをくらっているのかわかりませんが
9月に入ってから何度も別れたいという話をしています。

昨日がちょうど末尾ということもあり、
きっちりけじめをつけたかったので
はっきりと告げました。
彼は泣いていました。

わたしは耐えきれずときおり泣けてきますし
携帯のメールがきていないかチェックをしたり、
本当に馬鹿です。
すっかり不倫の毒にすっかりやられているようです。

しかしながら、昨日ははっきりと、
奥さんと別れる気はないんだね?と聞くと、
『…』無言
でしたので彼の真意は分かりました。

せめて私に次の彼氏ができるまで、そしたらフェイドアウトするよなんて言いましたが
「私はあなたと違って二股はできないの。
こんな状態で彼氏ができるわけないじゃない。
私はあなた一筋なんだし、あなたと別れなくては次の彼はできません」ときっぱり言いました。

そしたら、また「**(私)なしでは生きていけない。
**が心の支えだったのに、どうやって生きて行けばいいのだ…」
私は、何度も繰り返しましたが
「私ももちろんあなたのことは好きだけど、
あなたが行動しない以上は何も変わらないよ。
あなたの家庭では私は透明人間と同様なんだし、
私との関係は全く皆無という話になっているんだから…
どうしようもないでしょう。

それに人の気持ちは変わるものだよ。
だから今はものすごく辛いと思うけど、徐々に変わって行くものだよ
季節が変わるように、ずっと同じ状態ではないと思う。
それに、私がいないとダメ、なんて思いこみだよ。
あなたは見えていないかもしれないけど、ちゃんと家族の支えがあるはず。でなければ奥さんはあなたに嫉妬したりしないでしょう。あなたを愛しているから、嫉妬するんだよ。
子どももいるんだから、ちゃんと家庭に対する責任を果たしていかないとだめでしょう」とコンコンと諭しました。
そのほか、私がどんなに苦しかったか
伝えましたが、彼にはあまり通じなかったように思います。
彼は、今、私に対する執着が強すぎて、何も正しく見えていないように思います。

私もものすごく辛いですが、
三歩進んで、二歩下がる・・・の精神で
徐々に、正しい道へと歩いて行きたいと思います。
くじけそうな時、またこのブログに遊びに来ますね。
ありがとうございます。

| カフェラテ | 2011/10/01 15:04 |

ニュウグリーンさん

はじめまして。よろしくお願いします。

>3つの良い事 私も実践してみたいと 思っています

実際に効果があったとコメントも頂いています。
6年は短くはないですが、長過ぎるということもないはずです。

おっしゃるようないいスタートを切れることを願っています。

| onimaru | 2011/10/02 11:49 |

カフェラテさん

こんにちわ

>彼は泣いていました。

うーん。微妙ですね。
そういった感情を否定するつもりもないんですが、
「好き」なだけでは成り立たない関係でもあるわけだし、
既婚男性が感情をぶつけてしまうのもどうかと思います。

まあ、私も人のことは言えませんが。
ただし、本人の前では絶対にやりませんでしたが。

>こんな状態で彼氏ができるわけないじゃない。

そう思いますよ。「彼氏が出来るまで」なんてのは既婚者の都合のいい理屈でしかないわけです。
そういう人に限って、大人しくフェードアウトするわけがない。と断言してもいいです。
必ず、自分がどれほど好きだったかを涙ながら、あるいは脅迫じみた態度で見せるはずです。

>どうやって生きて行けばいいのだ…

以前にほぼ同じようなコメントを頂きました。
その方は、それで「どん引き」してしまったそうで、よくわかるような気がします。
養っていくべき妻子がありながら、それはないでしょうってことですねえ。
大丈夫。(失礼とは思いますが)そうは言っても今日も元気で奥さんの機嫌をとって、子供を可愛がってるはずです。

それに男性からもコメントを頂くんですけど、本当に辛い人って、黙って受け入れてるんです。
いわゆる「顔で笑って心で泣いて」状態ですね。
相手のこれからを思えば、負担になるようなことはすべきではないです。

>子どももいるんだから、ちゃんと家庭に対する責任を果たしていかないとだめでしょう」とコンコンと諭しました。

立派です。コメントを拝見していて思ったのは
失礼を承知で申し上げれば「不釣り合い」なんです。
言うまでもなく、カフェラテさんのような女性に、(仮に相手がフリーになったにせよ)
相手は「格下すぎて」(ごめんなさいね)釣り合いません。苦労するだけです。

>そのほか、私がどんなに苦しかったか
>伝えましたが、彼にはあまり通じなかったように思います。

だと思いますよ。失礼ながら、相手よりも自分の感情が大切な相手のように感じました。

>徐々に、正しい道へと歩いて行きたいと思います。
大丈夫。すがる既婚者を「コンコンと諭した」のですから
もう正しい道を歩み始めています。
またまた失礼ではありますが、短期間で不倫を終わらせることが出来たのは幸いだし、
今後のことを考えれば、すごく良かったことです。

もっとカフェラテさんだけを大事にしてくれる男性との出会いがきっとあるはずですよ。

| onimaru | 2011/10/02 12:47 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

https://onimaru.blog.fc2.com/tb.php/714-8f95c483

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT