不倫日記

不倫をやめたい人の背中を押せるかもしれないブログ

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫男を愛せますか

不倫に終止符を打った方からコメントを頂きました。ありがとうございます。

渦中の女性に感じて欲しいとのことですので、ご紹介させていただきます。


去年、3年に渡る不倫関係に終止符を打った者です。

不倫相手との別れに翻弄され、自らの体調も精神も病み、家族に多大な心配と苦労をかけました。

別れてから1年…カウンセリングやメンタルヘルスにかかり、投薬治療を経て、ようやくまともな精神状態に戻り、自分の不倫関係を続けてきた自分の浅はかさ、相手のズルさ、別れにおける痛み、辛さ等、色んな事と正面から向き合い、解毒と修正をしていってる渦中です。

1年が過ぎ思う事は、なぜ不倫相手のズルさや嘘に早く気付かなかったのだろう…
自分自身をも失う程、価値のある人間ではなかった事にやっと気付きました。

失った時間は巻き戻す事は出来なくても、失って初めて気付いた沢山の大切な事は、これから行動していけば良い。


今、唯一無二だと勘違いしているズルい不倫相手を失う事よりも、本質に気付かずに失っていくモノの多さの方が、はるかに取り返しがつかなくなってしまう事態を招き、傷つく可能性がある事に、1人でも多くの不倫渦中の女性に感じて欲しいと思い、コメントさせて頂きます。


不倫をする男性は、いくつもの顔を使い分けて生活する事が出来る人間です。貴女という誰にも代わりの出来ない人間が相手になってあげる必要などこれっぽっちもありません。

貴女がいなくなっても、また別の貴女を嗅覚で嗅ぎ取り、自分の周りにおいておくだけです。

そんな人間よりも愛すべき人間が私の周りには大勢いた…


何よりもまず、自分自身を愛すべきです。

不倫が出来る男性を貴女は本当に人間として愛せますか?

私は…1年経って、ようやく自分はそういう人間が嫌いなんだという事に気付きました。

くだらない不倫の相手なんてやってる場合じゃない…

貴女の時間はもっと大切な事に費やす価値があるのですから…

ありがとうございました。
最後の一行。どうですか。私も本当にそう思います。

もったいないんですよね。二度と来ない大切な時間を、不倫で浪費してしまって。うすうすは気がついてはいても、「好きだから」ということで本質的なことから目を背けてしまう。

それでもいいという向きもあるのかもしれませんが、それでは本質的なことを見いだすことは永遠に出来ないのかもしれません。

関連記事

| 不倫から脱却できた方のメッセージ | 01:39 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

相手の向こう側にある現実

onimaruさんこんばんは。
先日は大変お世話になりました。

既婚者から少しコメントさせてください。

私は結婚したとき、永遠に続く恋愛を手に入れたと思っていました。
結婚前、悩みすぎたんです。
それで恋愛には疲れていました。
そんな私を受け入れてくれた夫に感謝しながら、日々をすごしていました。

頑張りすぎたのかもしれません。
仕事を続けながら子を産み、育児も、社会人としての私も立派にやり遂げようと余裕がなくなっていたかもしれません。
互いに自由を認め合い、尊重しあっていると信じてきました。

気がつけば、夫とは生活時間がすれ違うようになり、夫婦の間に疎遠な空気が漂っていました。
だけれど私はそれに気がつこうとせず、溝を埋めるどころか、毎日不機嫌な顔をして、まだ背伸びを続けていたように思います。

そして、夫は私以外の人に恋愛をしていました。

発覚から一年。
季節を一巡りし、ようやく彼も人間で、失敗もするんだと、素直に感じるようになりました。
「許す」とか「赦す」とか、そんな上から目線の時はとてもそんな気持ちになれませんでした。

今は、私が憎しみや悲しみにとらわれずに安らかな気持ちで生きることを自分に許可するそんな心境です。

彼はもう浮気はしていないかもしれませんし、水面下ではまだ続けているのかもしれません。
どちらであっても、それは彼の問題で、私との結婚生活を続けたいのならどちらかを選んでいただくのみ。
私は、どちらであっても、生きていける強さがあることを今回のことを通して知りました。
ただ、やはり彼のことが好きなので、彼が私との生活を選ぶなら、彼を幸せにしてあげたいと思います。

何度も思うのですが、ここに来ている女性たちも、私も同じ女性で、恋愛に悩み、悲しんだり苦しんだりしている。
その気持ちは、確かに私(自分)のもので、、、
どうぞ、その気持ちは否定しないで欲しいのです。

不倫してしまうような夫を選んだのも私。
不倫する彼氏を恋人にしたのも自分。
それは傍から見たら、滑稽なくらい馬鹿な姿にしか見えないかもしれません。
でも、真剣だったのです。
間違ってしまったときも、間違いに気付き立ち直ろうとしている時も。
その私(自分)は、本人しか大切にしてあげられません。
どうか、そこからどう立ち上がるか、
大丈夫、必ず私にはその力があると
自分を信じてあげてください。

皆さんもこれから結婚し、長く生活をともにすれば何となく私の言うことが判るかもしれません。
他人と家族でありながら、恋愛関係でもあり続けるって本当に大変なことです。
こうして赦したり、赦されたりしながら生きていくんだと思います。

| emiちゃん | 2011/08/27 01:10 |

響きます

まだ肉体関係とかはないですが、踏みとどまる為に読ませていただいています。
好きだけど(好きになってくれたから?)流されないように気をつけて、主さんの言葉を心に刻んでおきます。

| えみ | 2011/08/27 13:14 |

emiちゃんさん

こんにちわ

相手の向こう側って確かに見えない事ですね。
なかには勘違いしちゃう人もいるようですが、
そんなのはなかなか直らないかもしれません。

向こう側が、現実としてあることを目を背けずに意識すれば
不倫にはならないのかもしれませんね。

emiちゃんさんのようなお立場の方から
コメントを頂けること、いつも感謝しています。

ありがとうございました。


| onimaru | 2011/08/28 01:45 |

えみさん

はじめまして。

> まだ肉体関係とかはないですが、踏みとどまる為に読ませていただいています。

今以上は進まないほうがいいです。
進むのは安易でカンタンです。
止まるほうがずっと難しいですけど、
でも進まないことをおススメします。

進むことのメリットはありませんけど、
止まることのメリットのほうが比べ物にならないぐらい大きいからです。

進むことには感情しかありませんけど、
止まることには、理性があります。

一歩踏み込む勇気、なんてことを言いますけど
不倫にはあてはまりません。
一歩も二歩も引く勇気、ですね。

踏みとどまるというよりも、別の相手を、と思います。








| onimaru | 2011/08/28 02:18 |

参考にさせて頂きました

私も最近不倫しちゃいました
何でも経験してみないと分からないので
そうなってしまったのです。
私も好きだし会ってるときは時間がたつのも早くて嫌なこととか忘れてしまっていました。

でも確かに不倫できる人はいろんな顔を持つ人と改めて感じました。
彼は不倫柄みでバツイチ子持ちなのにまた同じ過ちを犯そうとしてしています(再婚してます)

でも最近相手のおもうつぼにハマってしまって
苦しんだりムカついたり毎日イライラしてます

だからもう早いうちに手をひこうと思っていたところでした。
すごく参考になったし
なんだかスッキリしました。
ありがとうございました・

あたしも信頼できるベストパートナー探します・
もう不倫はしないと誓います…

| ぶた | 2011/09/10 01:42 | ≫ EDIT

ぶたさん

はじめまして。よろしくお願いします。

>何でも経験してみないと分からないので
>そうなってしまったのです。

何事も経験だとは思いますが、
不倫は「経験しなくてもよいこと」の一つなのかもしれませんね。

>だからもう早いうちに手をひこうと思っていたところでした。

そう思うのであれば、もうその時期なんでしょうね。
今の状況が画期的に改善されるというのは
今の関係を継続する限りはあり得なくて、ますます
苦しくなることだけが確かなんです。

>あたしも信頼できるベストパートナー探します・

なによりですね。そうなることを願っていますよ。
コメント頂きありがとうございました。



| onimaru | 2011/09/10 22:07 |

不倫相手に何を求める

悔いた意見は、自分の立場を無視しあわよくば夢見がちなのでは?
かまってくれる。のを勘違いして自身のみに向く事を意識し過ぎ。
不倫相手には、上目線で、都合良く使い自分が満足することが円満。
不倫の末や底は大抵円満でないはず…
言いくるめられるのは、論外でこちらのワガママが許されない男は、はなから違う。
家庭に飽きた人が、何を自分に求めてるのか、考え、間違っても自分が家庭に入ろうなど夢見てはダメです。

自分の物にしようと、考えるのも違う。
(なったとしても、その人は又繰り返す恐れがある)
と、統計がとれる程に失敗を繰返しました。私が…

| - | 2011/09/16 22:54 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

https://onimaru.blog.fc2.com/tb.php/703-23f0a59a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT