不倫日記

不倫をやめたい人の背中を押せるかもしれないブログ

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

皆さんのコメントに背中を押していただきました

皆さんから頂くコメントに、「背中を押してもらえた」とお礼の言葉を頂きました。ありがとうございます。


私は、一年お付き合いしたオジ彼と、去年12月に別れ、
もうすぐ1ヶ月が経ちます。

お付き合いしていた一年の間、何度も何度もお別れしようと試みたものの、いつも、相手からの連絡や、私の寂しさなどで、結局別れきることができませんでした。

でも、この先ずっと苦しく辛い、自分が影として生きていくのが嫌で(最初から、踏み込んでしまった自分が悪いのですが)今回は、喧嘩をしたのを良い時期とし、そのままお別れしました。

喧嘩をした後、少し時間を置いても良いですか?とメールをしたのですが、その返事が3日来なかったので、更に、これを機会にと、携帯を解約し、電話もメールもできない状況にしました。

別れてすぐは、メールをしたくなりましたが、この先またお付き合いしても、何もないと、何度同じ(別れられない)ことを繰り返すのかと自分に言い聞かせ、私からは、今日まで連絡することなく、心配だったクリスマスもお正月も越えることができました。

もう、大丈夫だと思っていたのですが、今朝オジ彼の夢を見て、心細くなってしまったのと、自己嫌悪や自分のふがいなさが情けなくて、泣きたくなりましたが、今日また、こちらのブログの皆様のコメントなどを読ませていただき、辛い思いをしているのは、私だけじゃないと、背中を押していただきました。

ありがとうございます!
(唐突に)疾きこと 風のごとし なんて言葉があります。
機を見るに敏 という言葉もありますね。

葛藤はあったとは思いますが、それでも自らの素早い行動と決断は、きっといい結果を連れて来るはずです。

不倫復縁願望おやじが、いつまでもタラタラと関係の継続を望むのに対し、なんて強い人なんだろうと思いましたね。

そういうことが出来た、ということはもうそれだけで十分に精神的な強さをお持ちであるとも言える訳ですから、心からの笑顔を取り戻せる日だって、そう遠くないと思います。

関連記事

| 不倫から脱却できた方のメッセージ | 02:32 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ありがとうございます!

onimaruさん、コメントを載せていただき、恐縮です。

そして、別の記事でのコメント返信も、ありがとうございます。


昨日で、オジ彼と別れて一ヶ月でした。
携帯を解約して間もなくの頃、オジ彼が、私の職場に来ていたようです。(その日は、元々私の出勤日だったのですが、急遽、オジ彼を見たことのある友達と出勤を交代してもらっていた日だったのです。)

きっと、その時私が出勤していて、普通に会ってしまっていたら、かなり気持ちは揺らいだと思います。

今でも、まだどうしようもなく寂しくなる日はありますが、なんとか踏ん張っています。

踏ん張れているのは、今は、『今日まで踏ん張れたから、このまま頑張ろう!』という気持ちです。

あと、どうしても寂しくなって、連絡したくなる時は、こちらのブログで教えていただいたように、お別れして良かったことを考えるようにしています。


私の場合は、自己嫌悪も強く、相手の家庭へ嫉妬してしまう自分や、別れよう!と思っても、寂しさから、なかなか別れられない自分が嫌で仕方なかったので、そんな、嫌いな自分から解放されたことを重要視するようにしています。


もちろん、お別れしたからと言って、自分がしたことを帳消しにできる訳ではありませんが、今も、これからも、もし連絡したくなった時や、寂しくなった時、相手が恋しくなった時は、彼を含む彼の家族のこと、そして、自分のことを考えて、もう、二度と戻らないよう、踏ん張っていきたいと思います!


onimaruさん、そして、こちらのブログの方々に、本当に今も勇気をいただいていますし、やっぱり背中を押していただいています。

人に相談しにくい悩み、そして、認められない悩みなだけに、私以外にも、辛い気持ちな方は多いと思いますので、こちらのブログは、本当に、有難い場所です。


長くなりましたが、皆さんと一緒に、越えさせていただいている気持ちで、これからも踏ん張って、頑張っていきたいと思います。


本当に、ありがとうございます。

| リス | 2011/01/09 12:29 | ≫ EDIT

リスさん

こんにちわ。

バレちゃいましたね(笑)勝手に紹介して申し訳ありませんでした。

>私の場合は、自己嫌悪も強く、相手の家庭へ嫉妬してしまう自分や、別れよう!と思っても、寂しさから、なかなか別れられない自分が嫌で仕方なかったので

ありがちだと思います。でも結局は自己嫌悪はますます状況を悪化させるだけで、
現状を変えるのは、やはり強い意志と具体的な行動になると思います。

>そんな、嫌いな自分から解放されたことを重要視するようにしています。

大きいですよ!そこはすごく。
例えば、休日に見かける家族連れや、公園で遊ぶ親子を見て
疎ましいと思ったり、苦い思いをしたり。
そんなのオカしいですからね。そんな状態が長く続けば、いいことなんてないです。
いつかリスさんが壊れてしまったかもしれません。

引き金となったケンカは決して偶然でも、よくあることでもなくて
必然だったんだと思ってます。

不倫にハマり込んで、嫉妬や自己嫌悪に苦しんでいた頃の写真ってありませんか?
多分、もうしばらくしてから、不倫時代の写真を見ると
自分でも驚くようなトゲトゲしい顔(ごめんなさい!)かもしれませんよ。
(先日、そんなコメントをいただきました)

今回はありがとうございました。
ご自身では意識しているのか、していないのか、わかりませんが
すごく大きな一歩を踏み出せたと思っています。


| onimaru | 2011/01/09 22:31 |

ありがとうございます

onimaruさん、ありがとうございます。

実は、携帯を解約すると同時に、オジ彼にいただいたものや、二人の思い出のもの、写真なども全て捨ててしまったので、その頃の写真はもうないのですが、きっと、不安な顔をしていたと思います。


お付き合いしている間、ずっと罪の意識があったので、周りの家族連れの方を見てもため息ばかりでした。
そして、いつ抜け出せるのだろうと不安になってばかりで。


onimaruさんが言ってくださったように、あの日の喧嘩は、偶然ではなく必然だったのだと、今は強く感じます。


オジ彼とお別れして、やり場のない想いを、onimaruさんに聴いていただけて、本当に嬉しかったです。


大きな一歩を踏み出せたとして、そのまま、今日まで来れたのは、onimaruさんや、こちらのブログの方々のおかげだと思います。


本当に、ありがとうございます。

| リス | 2011/01/10 10:59 | ≫ EDIT

リスさん

ご丁寧にありがとうございます。

こういった言い方も失礼だとは思いますが、
やっぱり「いつかは終わる」ものだと思うんです。

それが早いか遅いかの違いであって
結果はたいていの場合一つしかない。

割と早い時期に自ら終止符を打てたということは
それだけ回復も早く、きっと傷も比較的浅くて済んだ

ということだと思いますよ。
自分で決断できた、というのはやっぱり大きいですね。
今後のことを考えると。

終わりでもあるけれども、始まりでもあるわけです。
そして始まりであることの方の意義は
終わったことよりも、ずっとずっと大きいと思いますよ。

コメントありがとうございました。

| onimaru | 2011/01/10 21:53 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

https://onimaru.blog.fc2.com/tb.php/639-67a4a4e5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT