不倫日記

不倫をやめたい人の背中を押せるかもしれないブログ

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫は誰にでも起こることなんだろうなと思う件

ネットでこんな記事を見ました。
十年不倫―待つだけの日々に終止符

10年は別にしても、割とよくある(と言っては申し訳ないですが)不倫のお話だと思いますが、どうでしょう。まあこういったお話を聞くと、不倫って誰にでも起こる可能性があるんだろうなあ、なんて思いましたね。


この方だって、まさか自分が不倫なんて思ってないわけです。多くの人がそうであるように。

新卒のコにちょっかいを出すだなんて随分と浅はかで、安易で、短絡的で、しょーもない男だと言う気がしますけど、まあこの辺も比較的多いパターンかと思います。

アプローチの仕方を見ると、「ダメもと」っぽいんですよね。そして残念ながら「ダメもと」ぐらいの気持ちで行く方が女の子のウケはいいと思います。ダメもとってことは、言うまでもなく「こっちがダメなら、あっち」ですから相手に対して誠実な気持ちであるわけがない。

根本的なところで、相手に誠実であろうとすれば不倫になんかならないですからね。ましてや新卒のコです。おやじにとってはまさに「赤子の手をひねる」ようなものだったと思います。

まあそれにしても「初めての男性」が不倫おやじであった。というのはやっぱりキツいですよね。その後の人生において。基準がそこになってしまうから。

他の男性と仲良くなりかけた時に、不倫おやじへの義理から、積極的にはなれなくて、それっきりになってしまったそうですけど、(進行中の方がどれほどご覧になっているのかわかりませんが)、思い当たる節ありますでしょう?

心情的にはわからないこともないけれど、なんつうかね、相手は存在自体が浮気ですから、そこでおかしな義理立てをする必要なんかないと思うんです。

いいコ。なだけでは不倫おやじにとっては好都合で、それではなかなか自分の身を守るというのは難しいですね。

関連記事

| 思うこと | 02:12 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

押しに弱くて経験が少ない人がこういうことになるのかも。ただそれを振り切る力が大事なんだと思う。でもそれにしてもこんなんハンデをおった相手に勝手喜んでるようなもん。

| 雅海 | 2010/05/29 02:43 |

お久しぶりです。

…って程でもないですかね。こんにちは。フラッと立ち寄ってみました。
ちょこちょこ拝見させて頂いていたんですが、このところ公私共に忙しく 携帯開く頃には疲労困憊で思考能力ゼロ状態。今日は用事があってお休みなので。
今日のお題「不倫は誰にでも起こり得る」―不倫なんてって思ってるうちはまだ正常な領域にいる。彼だけは違うって思ったら、そこはもう自分を見失った領域。一見 独身vs独身の恋愛にも似ているから。でも隣にカミさんと子供座ってたら、その場で恋愛感情湧かないですよね。あくまで一人でいる時。例えば仕事先とか。言い変えれば、独身に見える時。誰にでも起こり得る時間は意外に多いのです。あとはそこに誠実さがあるかないか。
私のかつての相手は 遊びで付き合ったことは一度もなくて常に本気だ…なんて言ってましたが、既婚者が言ってる時点で十分遊びなのでは?と思います。増して繰り返してるんじゃ…(苦笑)誠実さの欠片もない。
ちょっと語ってみました。長くなってすみません。また遊びに来ます。

| チビうさぎ | 2010/05/29 08:36 |

雅海さん

こんにちわ
前回の頂いたコメントの件、早速追加させていただきました。
ありがとうございます。

http://onimaru.blog51.fc2.com/blog-entry-545.html

>でもそれにしてもこんなんハンデをおった相手に勝手喜んでるようなもん。

そうなんです。不倫自体がハンディキャップマッチみたいなもんでしょう。
特に新卒のコを相手にするようなおやじは、問題外のゴミでして、
まあ男の風上にもおけないと思います。

ハンディのある相手にしか勝負をしかけないんですねえ。
そうじゃないと勝てないから。男じゃないですよ。
女でもない。新種の下等なイキモノです。気持ちわるい。

まあほんとそういうのにはひっかからないでいただきたいと思います。



| onimaru | 2010/05/29 18:14 |

チビうさぎさん

こんにちわ。いつもありがとうございます。

お忙しいのは大変結構な事ですよ。まさにおやじなんぞがつけいるスキがない。

>彼だけは違うって思ったら、そこはもう自分を見失った領域。

そうですよねえ。でもその領域に踏み込んじゃうケースが多いように思いますよ。
その時にちょっとでもお友達とか周りの人に意見を聞いて見ればすぐにわかることなんですけどね。
あと、「私だけは大丈夫」っていうのもあるかと思います。

>遊びで付き合ったことは一度もなくて常に本気だ…なんて言ってましたが

いやあ、同時多発ですから、何寝言言ってるんでしょうかね。「こんにちわ」と同じような使い方をしてるんだと思いますよ。

コメントありがとうございます。また見てくださいね。

| onimaru | 2010/05/29 19:47 |

こんばんは

こんばんは、onimaru様。
たびたび失礼します。
私も人生で初めてお付き合いした男性が彼でした。
記事の方のように新卒というわけではなく、またそんなにも長い歳月のお付き合いではありませんでしたが、共感する部分の多い記事でした。

他人事のような書き方になりますが、始める前は本当にまさか自分がこんなことをするなんて考えもしませんでした。

皆さん似たり寄ったりかと思いますが、メールは発信履歴が残ると嫌だから受信のみ。電話も履歴を残さないように、呼ばれるときは会社の携帯からワン切りで、すぐに私が折り返したときだけ応じられていたので、記事の方のように常に待っていました。

それでも楽しい思いもしたので、責められても否定はできません。でもただ楽しかったのは最初の一、二ヶ月だけでした。

最後に会ったとき、一番初めに一緒に行った、私が選んだカフェについて、興味もないしうんざりだったというようなことを言われたことを思い出します。
私にとっては初めてのデートで、ただ彼と一緒にいられてしかも好きなお店に行けることが嬉しくて浮かれていた間抜けな自分を思います。
私は、彼が私と一緒にいると楽しいから自分にわざわざ合わせて一緒にいてくれるのだと勝手に思いこんで勝手に喜んでいただけで、本当はきっと彼はその後私をホテルに連れて行きたかっただけだったのだろう、と。
付き合う前、「本当の彼氏が出来る前に練習みたいな気持ちで自分で遊んでほしい」と彼が言っていたのも、単純に彼が遊びたかっただけだったのだろうと。

すべて簡単なことなのに、気づこうとしなかった愚かな自分を思います。
自分の話をじっくり聞いてくれて、時にアドバイスもくれる優しくて頼れる、家族思いの上司だったのです。

記事の方も似たようなコメントをされていましたが、正直、男性を好きになるのはもうこりごりです。

自分が好きになった相手に対して鈍感で単純な人間なのがわかってしまった今となっては、似たような同じようなことを繰り返す恐怖もあります。

男性に頼ったり甘えたり二度としないですむように、努力中です(とは言いつつ、友人や家族には甘えてしまいますが…)。

| kujira | 2010/05/29 23:46 |

kujiraさん

こんにちわ。いつもありがとうございます。
その後いかがですか?

>メールは発信履歴が残ると嫌だから受信のみ。電話も履歴を残さないように、呼ばれるときは会社の携帯からワン切りで、

え?すごい小心者のおやじだと思いますけど、
私なんか、そんな話聞く度に、そんな思いをさせてでも、女の子とつきあう自分、を想像したら自己嫌悪でやめちゃいそうですけどねえ。
女の子に申し訳ないと思わないんでしょうかね。まあわかりませんけど。

>でもただ楽しかったのは最初の一、二ヶ月だけでした。

そうですよね。確かに最初のうちは楽しいだけで、この期間だけを考えて言えば「人を好きになる」ことを前向きに考えられるのかもしれないですね。でも期間限定すぎて。

>すべて簡単なことなのに、気づこうとしなかった愚かな自分を思います。

その辺は、致し方のないところですね。もし思い切ってお友達とかに話してしまう機会があれば、どうだったろう。とは思いますが、仮にどんなアドバイスを受けたところで、ご自身が考えて動かないことには、難しいですね。

>自分の話をじっくり聞いてくれて、時にアドバイスもくれる優しくて頼れる、家族思いの上司だったのです。

うーん。ありがちですけど、「対象外」だからこそ、信頼を得やすいというのはあるでしょうね。

もちろん反省は必要でしょうけど(同じ事を繰り返さないために)、一度既婚おやじの「人間としての小ささ」を体験してしまえば、二度と不倫に陥ることはないと思いますよ。
ご友人や家族との関係は大切にしてくださいね。時には甘えることもいいんじゃないですか。

コメントありがとうございます。また見てくださいね。

| onimaru | 2010/05/30 07:55 |

onimaruさんとKujiraさんへ

私も同じような思いをしたのでお気持ちお察しします。ええと最後に言われたうんざりだったっていう言葉なんですが結局kujiraさんが思い通りにならないから相手の自尊心を傷つけて優越感に浸りたいだけじゃないですかね。低俗な男ですよ。カフェに行くくらいめちゃめちゃ大変なことじゃないし何でも上から目線でいい加減にしろよと思います。いくら職場でいい顔しようが周りはバカやないし見抜かれてますよ。きっといい男性がいます!心ない言葉でこれ以上傷つかないでください。

| 雅海 | 2010/05/31 19:57 |

onimaru様、雅海様

onimaru様、雅海様

こんばんは。お二人様宛でたびたび失礼致します。

onimaru様へ
何度もつい、弱音を書き込んでしまってすみません。本当にあがとうございます。

「男性には甘えないように」と書き込んでいましたが、onimaruさんは男性でいらっしゃるのに、そして私は今こんなにもこちらのブログに、ひいてはonimaruさんにも甘えてしまっているのに、なんて浅はかなことを書いてしまっているのだろうと前回書き込みをしてから感じました。もしも御気を悪くされていらしたら本当に申し訳ありません。

以前にonimaruさんの仰られた通り、時がたてばこの感情も薄れていくだろうと思っていますし、今は仕事はなるだけ淡々とこなして勉強に集中しようとしているのですが、毎日他の社員の方と気軽に言葉を交わしたり笑いあったりしている彼をそばで見ていると、私に接するときの感情のなさや冷たい視線に段々耐えられなくなってしまいます。

最近は私が学校へ通い始めたのを察したのか、残業になるような業務からも外されているので(業務は彼が代わりにしてくださっていますし、おかげさまで学校にも遅れずに済むので冷静に考えればとても有難いことなのですが)私が会社を辞めたいと思うのと同じように、彼もきっと出来るだけ早く私に目の前から消えて欲しいのだろうと思うと、職場でも悲しさがこみあげます。少し前からつい、もう一度きちんと彼に謝罪すれば日常会話くらいなら応じてもらえるだろうかと、そんな馬鹿な考えまで浮かんでくる始末です。

もう二度とそんな風に彼と距離を縮めるべきではないと勿論心底思っていますし、とにかくもっと甘えを捨てなければいけないとつくづく思います。

もう少し頭を冷やしてからまた伺おうと思います。
もちろんこの書き込みにお返事等は不要です。



雅海様へ
こんにちは、はじめまして。
わざわざお声かけくださり本当にありがとうございます。
カフェに行ったときは入るまでに随分長い時間待つことになったので、彼にとっては大変だったのかもしれません。
待つ間私は楽しくお話できていた気がして、彼がそれを苦痛に思っていたことに気がつかなかったので、最後にそう言われたとき、きちんとその場で「待つのは嫌」だと言ってくれれば私も無理して行かなかっただろうとは思いました(勿論その後ホテルに行くためにもその時彼は嫌と言わなかったのだろうと今は認識していますが)。

なんだか後で自分のコメントを読み返してみますと、悲劇のヒロインに自ら浸っているような、そういう印象にも見えてしまって、情けないです。

雅海さんの仰るように、上記の件以外にも彼は私が思い通りにならないことをずっと不満に思っていたのでしょうね…。
会うときはいつもにこにこして、重いことを言い出さずに話を聞いたり色々して欲しかったのだと思います。
もちろん私には彼の望む通りのことはできませんでした。

見抜かれている、との言葉を拝見して思うのですが、正直、職場の周囲の方たちが彼を今どんな風に思っているのかは不安です。
仲良く話すことが多かった私と彼(わかる方たちにはきっとほとんど関係がわかっているのだと思いますが…)が全く話さなくなったので、喧嘩しているでしょう?と尋ねられたこともありました。
私と違って、今の職場に彼は必要な人だと思うので、彼が孤立したり居心地が悪くなってしまうようなことにはなってほしくないのです。それは彼自身のせいでもありますが、私のせいでもあるので。

これまでのことを思い出すとき、雅海さんの仰るような「いい加減にしろよ!どれだけ器が小さいんだ!」と思う瞬間も勿論あったり、次の瞬間にはそれでも彼がずっと家族や職場の仲の良い方たちと笑っていられますように、と思ったり、どうにも定まりません。早くあらゆる感情が薄れていくように、後は時間がたつのを静かに待ちたいと思います。

今までもコメントを拝見しながら泣くことが多かったのですが、雅海さんのコメントとonimaruさんのコメントを拝見していて、こうして書き込んでいる今も涙が止まりません。
悲しいのではなく、心から感謝の気持ちで一杯です。
ありがとうございます。

| kujira | 2010/06/01 01:24 |

kujiraさん

ご丁寧にありがとうございます。

返事は不要とのことなので、一言だけ。

>もしも御気を悪くされていらしたら本当に申し訳ありません。

どうかお気遣い無く。せめてものストレス発散の場にでもなれば、とも思っていますからご遠慮なくお願いします。
辛い状況なのはお察しいたしますが、学校に通うのにも都合が良いようですから、仕事に関しては割り切るのが一番だとも思えます。雅海さんも感じているように、やっぱり相手は「小さい」です。同じような状況でも、普通に接している上司だっていますからね。今の段階では酷な言葉かもしれませんが、どうか負けないで頂きたいと思います。

| onimaru | 2010/06/01 02:20 |

Kujiraさんへ

ええとまずカフェで待つくらい何てことないしそもそも後から後から過ぎたことを言うてくるなんて女の腐ったような男ですよ。謝るなんて不必要です。あんまり下手に出ない方がいいです。そもそもそんなプライド捨てるようなことしないでくださいね。そもそも愛人ほしけりゃ金積めば一発ですよ、甲斐性ないから手近で漁ってるだけ。勉強がんばってください。きっといいことがあります(^^)v

| 雅海 | 2010/06/01 19:02 |

onimaru様、雅海様

お二人とも、重ねて本当にありがとうございます。

onimaru様にも、不要と言いつつもそういった言葉を頂けてほっとしました。お優しい言葉を本当にありがとうございます。

雅海様にも、はっきりとおっしゃて頂けて、ありがとうございます。愛人がほしかったら…そうですよね。手近な都合の良い存在になってはだめですよね。



7月からは学校も今まで以上に授業が入るので、今のように余計なことを考える時間もきっとなくなると思います。

物理的にも彼と距離を置くのが一番だと思うので、今すぐ辞めて転職したいのは山々なのですが、何のスキルもない私には生活のこともありますので、たとえ長い時間がかかっても勉強してからきちんと動きたいと思います。

それまで負けないように、お二人から頂いた言葉を読み返しながら、がんばりたいと思います。

| kujira | 2010/06/02 06:09 |

Kujiraさんへ

学校で勉強した成果が出るといいですね!今は女性もある程度は自立しないといけない時代ですし(^∀^)私も実は今資格試験受けたり新しい仕事を始める準備してます。お互いに頑張っていきましょ☆

| 雅海 | 2010/06/02 16:01 |

雅海様へ

ありがとうございます。
雅海さんも私と同じようにお勉強中の方だったのですね。
新しい環境へ向けてがんばるのは今までとはまた違ったエネルギーがいりますが、地道に進んでいこうと思っています。
雅海さんにも良い結果が出ますように!お祈りしています。

| kujira | 2010/06/03 05:21 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

https://onimaru.blog.fc2.com/tb.php/554-1dc71e46

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT