不倫日記

不倫をやめたい人の背中を押せるかもしれないブログ

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫おやじアリジゴク説

前回の不倫おやじブラックホール説に賛同いただけるおコメントをいただきました。ありがとうございます!で、別の例も提示していただきましたので、早速ではありますが、ご紹介させていただきたいと思います。


不倫おやじ=アリジゴク(アリ地獄)

うまいですね。アリジゴクというのは小さい頃に一度は見た事があるかと思いますが、アリが小さな円形の穴にハマってしまい、必死で脱出しようとするも砂が崩れて来て、やがて中央からアリジゴクが姿を現し、アリさんの体液を吸い取ってしまう。というやつです。

私も似たようなお話で以前に、クモ=不倫おやじ、ということで書いているんですが、アリジゴクにしても、クモにしても、不倫おやじにしても、共通点としては「もがけばもがくほど、脱出が困難」ということですね。相手の思うつぼ、と言ってもいいかもしれません。相手は何もしなくても良く、ただただ疲れて、暴れる体力がなくなるのを待てばいいだけ(実際にはちょっと違うみたいですが)


実は、はかないアリジゴク

ご存知の方もいるかとは思いますが、そんな凶悪なアリジゴクさんも実はあれで終わりではなく「ウスバカゲロウ」というトンボみたいな昆虫の幼虫なんですね。で羽化して、ウスバカゲロウになってしまうと寿命はせいぜい2週間とか。3週間とか。

体力もなくなり、地面に落ちてしまえば、以前にさんざん喰いまくったアリさんに今度は襲われるハメになるはずです。
薄れ行く意識の中で「ああ、そういえば、オレは幼虫時代にさんざん、アリを喰ったんだっけ・・・」とアリさんに解体されながらそんなことがよぎるのでしょうか?

不倫おやじはどうなんでしょう?
逃げようとするおねえちゃんにしつこく食い下がり、己の欲望のみのために行動し、でもいつかは、時を経てウスバカゲロウのように、はかなく。

なんて事にはならないような気がします。不倫おやじが歳くって、何になるかというと、タダの不倫じじいになるだけのような気もします。おねえちゃんの「幸せの気」をぜーんぶ吸い取っちゃって、自分だけ元気になって。
一回、ウスバカゲロウの爪のあかでも煎じて飲め!ってことですよねえ。

まあ、男も女も、歳とともに慎み深くなりたいものですよね。「永久に不倫アリジゴクおやじ」だと、カッコ悪過ぎ。



関連記事

| 思うこと | 03:15 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

泥沼

onimaruさんの深い考えは私の心に響いています。

彼の奥様が私の職場、私の上司私の部下にまで危害を加えてきました。

沢山の人に見て欲しい、パフォーマンスにしか感じず、

人としては到底許せませんでした。

けれど、この事態を招く可能性があったこと

混乱と葛藤はしますが、考えます。

誰にも相談出来ず、onimaruさんに聞いて頂いて大変凝縮ですし、

有り難いと感じます。

| にゃんこ | 2009/12/12 04:34 |

あはは

ぉぉさっそく(笑)
ここまでふくらませてくださって感謝ですw
夏の夕暮れ、おやぢさんとふたりで薄羽蜻蛉を眺めたこと思いだしました。美しい思い出です♪

先のない関係に疲れたこと、洗いざらい?落ち着いてぶちまけました。向こうも落ち着いて受け止めてくれ、今までリコンに関しては逃げていたと正直に話してくれました。
やはり節目ごとに考えてはいたょうですが、結論が出せなかったそう。
いくら今までこんなに好きになったことがないと言ってくれてても、たった2年のフリンと、付き合いから15年以上にもなる結婚のどちらか選べっつったら…(泣笑)
まあ結果は見えてますが、カードを盗みみてしまったおかげ?で、その決断を祝福できるような…今はそんな気がしますが多分無理なんでしょうねぇ(笑)

「これ以上の人はいない!」と思い込みがちな蟻地獄渦中ではありますが、視点を逆にすればこんないい男を「結婚してるのにものにできた」わけで、おやぢさんと付き合ってく中でさまざまな葛藤をしてきてさらに成長してるわけで、つまり自分自身がフリンを始めた頃より相当グレードアップしてるんですよね♪
うぬぼれすぎ?w

でもやっぱり今の恋が終わるのはささやかな胸が砕けそぉに辛いですが、お気に入りのランジェリーに大切に収めてローズの香りに包んでおきます☆
おやぢさんの決断を待ちながら、自分のために女を磨いておきますかね。。。

ちなみにあたしは黒で上品にセクシーな下着好きですが、「白系なのにセクシーなランジェリー」研究がライフワークです!(笑)今までのヒットは、白地に濃い紫で薔薇が刺繍されたセット♪
気分転換にランジェリーでも買ってみますかねー♪
onimalさんオススメのもの、何か処方してくださいょ(笑)

| どん | 2009/12/12 15:18 |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2009/12/12 15:45 |

にゃんこさん

こんばんわ。コメント頂いて驚いてます。

大丈夫ですか?
確か精神的に病んでいるようなコメントもいただいたようですが、
早々におじさんと相談してよりよい解決の方法を探していただければと思いますよ。
自分一人での解決は難しいというか、無理だと思います。

相手あっての関係でもあるわけですから、ご自身で抱えるような問題ではないと思います。
どうですか

| onimaru | 2009/12/12 22:59 |

どんさん

こんばんわ。早速活用させていただきました。ありがとうございます!

>先のない関係に疲れたこと、洗いざらい?落ち着いてぶちまけました。

そうですねえ。どういったカタチに落ち着くのか私ごときにはわかりませんが、やっぱり我慢が多過ぎる関係なんですね。ですから溜め込むことなく、なんでも今の関係に不満があるなら、ぶっかましてやるのがいいと思いますよ。
女性の理不尽なまでの我慢があるからこそ、成り立つ関係でもあるわけですから。それがなければ関係自体が存在しないとも思います。

>今までのヒットは、白地に濃い紫で薔薇が刺繍されたセット♪

おーっ!最高ですね。下着の最上級が白でございます。もちろん黒もいいですけど、白にはやっぱり特別な意味があるのかなーと思います。
白と言われてすぐ思いつくのがコレです。店頭で目撃しましたけど素敵でした。

http://onimaru.blog51.fc2.com/blog-entry-396.html

>onimalさんオススメのもの、何か処方してくださいょ(笑)

ありがとうございます。以前に書いたモノですけど、ピンクはそのままに。白と黒を少し新しくしてみました。取り急ぎ。

http://blog-imgs-41-origin.fc2.com/o/n/i/onimaru/index7.html

白い下着が似合わないって人はいないんですねえ。で、白が似合う人はやっぱり黒も似合います。でも以外と白って女性は自分では積極的に新調する、という訳でもないようです。もったいないです!白はもっと積極的に活用したほうがいいと思います。

黒だと、まあこのブログのあちこちにバナー貼ってますけど、トリンプのクリスマス限定「デジール」でしょう。エンジなんかいらないから、白も作ればよかったのに。って勝手に思いますけどね。このセットには何故かこんどーさんがおまけで着いて来ます。

コメントありがとうございます。また見てくださいね。

| onimaru | 2009/12/12 23:32 |

完全にアリさん状態

onimaruさん、いつも温かいレスありがとうございます。前回いただいたコメントへのお返事と状況報告させてください。

>私も何度かコメントをいただいています。1回目で無理なら2回目。2回目で無理なら3回目ってことでいいんじゃないでしょうか。気持ちを決めて、1回でできる人もいれば、2回、3回目でできる方もいるということでいいと思います。結果は同じなので。

そうですね、まさに転んでも転んでも蟻地獄から少しずつ這いあがろうとしている過程なのかもしれません。

>おじさんに惹かれる理由、わかるような気もします。まあでも、怒られそうですけど、「結婚してるがゆえの包容力」というのはあると思います。家庭があるからこそ、余裕を持って接する事ができる。という点は否定できません。すいません。

いいえ、私も同感です。包容力という点では、どんなに純粋に思ってくれる若造でも勝てませんよね。

>不倫の「元サヤ」は、短期的に見ると不安定さを回避できますけど、そんなの少しの間だけで、ほんのちょととだけ長い目でみると、女性により深いダメージを与えるだけなんで、どうかと思いますけど、夫婦関係の元サヤは、お互いによく話し合って、ある程度、誤解みたいなものを解いた上で、というならガンガンいきましょう。クリスマスも近いことだし。

実は今日、別居中の旦那の住む町に用事があり、歩いていたらばったりと出くわしてしまいました。4か月ぶりくらいに会いましたが、お茶に誘われ、小一時間ほど近況や世間話をしました。
そのあと二人とも用事があったので、お互いにサイン済みの離婚届の処置についてなどディープな話は全く無く、友達みたいに「じゃあ」と言ってフツーにわかれました。
うまく言えませんがなんだかとても不思議な感覚でした。
旦那は私とのことと、仕事の忙しさも重なり、決断や行動、(やり直すにしても)私との交渉などを起こす気力をなくしているように思います。
もはやそこまで執着してないようですし。

私の方は、おやじとの関係を切りたいと思い始めた頃から、それまでもはやなんとも思ってなかった旦那のこと(体調とか)がなぜか少し気になり始めました。
でも、もしやり直そうと言ったら、
また関係が悪くなったときに「あの時お前の方がやり直そうっていったくせに」と言われるのが目に見えているので、(別居に至った経緯で似たようなやり取りが続いたことがあったので)言い出せません。
それに、また一緒に暮らすとなると、正直きついです。

で、おやじとは。。
昨日、ついつい寂しさから電話をしてしまい、色々思いのたけをぶちまけてしまいました。
最初から落とすつもりで旦那との相談に乗ったのか、なぜ、相談相手にとどまらず、私の気を引くようなことをしたのか、割り切った不倫とかをできるタイプでないと分かっているのに、最終的に私を傷つけるとは考えなかったのか。などです。
まあ、私が惚れてしまったことも問題の半分なのですけどね。

そして、新しい好きな人が出来ないからあなたを忘れられなくて苦しい、私を本当に大事に思うならいい人を紹介してくれと言ってしまい、オヤジは不機嫌そうでしたが、いつなら都合があうか聞いてきました。「こんなこと(私のことを好きと知っていて)俺によく頼めるな」とのことでした。

ただ、緑の紙は出した後でないと紹介はできない、既婚を隠して会って後で離婚したとしても、それを新しい彼氏が受け入れると思うか。真面目に探したいなら緑の紙を先に出しなさい、とのことでした。
こんな常識的なこと考えれられるんだ。。。不倫を繰り返している男が。
2番目の発言では私に対して「本気じゃない」ことがよくわかる発言だなあ。。。

自分でもどうしたいのかよくわかりません。



| cocoa | 2009/12/13 02:09 | ≫ EDIT

cocoaさん

こんにちわ。また見ていただきありがとうございます。

>いいえ、私も同感です。包容力という点では、どんなに純粋に思ってくれる若造でも勝てませんよね。

ひたむきさ、という点では若造が勝ってますよ。あと誠実さ。ただ、女性の立場からすると、その一生懸命さが重くて、敬遠しがちってことにもなりかねないのが難しいところですよね。でもいつか必ず不倫おやじを越える若造というのは現れるものです。おやじの存在が邪魔なだけかもしれないですね。

関係をよく理解できていない上での発言なんで聞き流していただいて結構なんですが、別居によって、かえって見えてくるものがあるようにも思います。相手のいいところとか。もしかしたらお互いの反省すべき点とか。
「なにがなんでも復縁」よりは「気がついたら復縁」が望ましいと勝手に思ってます。

>「あの時お前の方がやり直そうっていったくせに」

別居でそういうところが直っているといいんですけどね。そう考えてみると、不倫なんてのは常に相手と一緒にいるわけではない、だからこそ(必要以上に)想いだけが勝手につのる、なんてこともあるのかもしれないですね。いわゆるお互いがお互いの「いいとこ取り」と言いますか、生活を共にしているわけではないので「いいところしか見えない」状態のようにも思えますけど、どうでしょうね。

>「こんなこと(私のことを好きと知っていて)俺によく頼めるな」とのことでした。

いやいや、相手のことを好きだと思えばこそ、ぐらいの気持ちのデカさ。を見せてほしいですね。それこそまさに包容力ですよ。既婚の自分が、独身の相手に、何ができるのかを考えたらここで男の見せ所といいますかね。

>真面目に探したいなら緑の紙を先に出しなさい、とのことでした。

まあ、アンタが言うな!とも言えますけど、確かに常識的なところではありますけどね。説得力には欠けますが。

たまに別居中のお相手に、連絡をとってみる、というのもいいかもしれませんよ。復縁は意識せずに。年末だし。相手は多分、カップ麺の年越しそばでしょうから。

コメントありがとうございます。また見てくださいね。

| onimaru | 2009/12/13 12:59 |

買っちゃった♪

ステキな処方箋をありがとうございます(´∀`*人)
サルートフィリーの白!一目で気に入りました!
楽天のショップでサイズ見つけたので、さっそくセットでご購入~♪
ついでに安かったので、アイボリーのフリルのセットも(笑)
デザインがピンクのウンナナクールにちょっと似ていたんですね~(∀)

例の事件(お塩事件)までpj愛用してたので、
他のブランドのデザインが新鮮☆
ときめきました~w

気分を白紙に戻す意味でも、白い下着のセットは効果的ですね♪
白い下着を身に着けると気分がシャキッとしますし、新しい気分になれます。

あたしがどちらの決断も、笑顔で受け入れられますように(-人-)
白ランジェリーがお守りです(笑)

| どん | 2009/12/13 16:31 |

どんさん

こんばんわ。また見ていただきありがとうございます。

>サルートフィリーの白!一目で気に入りました!

よかったですね!お役に立てて嬉しいです。黒もありますけど、あれは白が一番素敵だと思います。店頭でも思わず足を止めて見入ってしまいましたよ。

>例の事件(お塩事件)までpj愛用してたので、

ありましたねえ。あれならPJ不買運動が起きても全然不思議じゃないです。テレビCMとかやってますけどかえって「どん引き」しました。当分の間は難しいでしょう。というか社長を切らない限り、無理。親会社のWさんの、のんびりした対応もどうかと、思いますけどね。

>白い下着を身に着けると気分がシャキッとしますし、新しい気分になれます。

そうですね。以前に「古い下着に恋は宿らない」ってポスターを見た、とコメントをいただきました。
つまり「恋は、新しい下着に宿る」ともいえるわけですね。下着はキッカケに過ぎないかもしれませんが、そういった前向きな気持ちになれるときっといいことがあると思いますよ。白下着が悪い男を寄せ付けないお守りになるといいですね。そう願ってます!

コメントありがとうございます。また見てくださいね。

| onimaru | 2009/12/13 21:26 |

またまた失礼いたします

pjの事件、実はあれがターニングポイントでした。
フリンの成れの果てを見たよな気がしておののきました。

実はあたしは以前結婚していて、逆の立場で相手を法的に追い詰めたことがあります。
法律は婚姻者の味方です。

フリンしている以上、自分を守るのは自分しかいないってことなんです。
守って欲しい男は、いざとなったらお塩先生のょーに逃げるだけですから…

| どん | 2009/12/13 22:19 |

不倫地獄o(`▽´)o

こんばんは!

蟻地獄、毒蜘蛛、おやじケチョンケチョンに言われてますね。
オイタが過ぎて、お姉ちゃん食い物にしたらダメですよ~。

不倫親父もお姉ちゃんも、お互い遊びなら楽なんでしょうね。割り切った関係?
ここにコメントしてる方々は、そうじゃないから苦しんでいるんですよね。


onimaruさん、私は若造大歓迎ですよ(o^∀^o)
ひたむきさ、まっすぐさ、若さのキラキラ、今度こそそういう人がいいな!


これから恋愛する上で、既婚者の包容力とか経済力とか安心感とか、いーらない(^.^)

| 恵み | 2009/12/13 22:25 | ≫ EDIT

どんさん

>フリンの成れの果てを見たよな気がしておののきました。

どういう関係であったのか、わかりませんが、確かにそうでしょうね。

いい時なら誰でもなんとでも言えますけど、何かあった時ってことですねえ。
おっしゃるように、おやじは守ってくれないってことはしっかりと頭にいれておくべきだと思います。

塩もそうでしたが、あの不細工社長にも呆れましたけどね
今、日本で一番ゴミカスなブログといえば、PJ社長のブログだと思ってます。

コメントありがとうございます。白のご加護がありますように。
また見てくださいね。

| onimaru | 2009/12/13 23:18 |

恵みさん

こんばんわ。いつもありがとうございます!

>オイタが過ぎて、お姉ちゃん食い物にしたらダメですよ~。

たまにですけど、おっしゃるような「食い物」にされてるような。と思うことも。
多分これって不倫で我慢するのが当たり前的な感じなのかなって痛々しく思います。
フェアなつきあいだと、絶対に、もっと言いたい事を言えてたりできるはずなんですよ。

>ひたむきさ、まっすぐさ、若さのキラキラ、今度こそそういう人がいいな!

いいですね。おやじに無いもの。それは可能性。
相手にもよりますが、信じてみる価値がある相手との出会いがあることを願ってますよ。

コメントありがとうございます。また見てくださいね。

| onimaru | 2009/12/13 23:24 |


あまりに、文才が無さすぎて意味の分からないブログですね…。

不倫について語るなら、不倫経験者の誰もが共感する内容を簡潔に書くべきではないでしょうか…?


今後、期待しています♪

| - | 2009/12/30 00:51 |

不倫相手~その存在とは

はじめまして。

このサイトにアクセスする方とはおそらく逆で、主人の不倫後のやり直しの最中の者です。


不倫をした男性の気持ちを知りたくて、コメントしました。

不倫期間はおそらく一年程、私の闘病中のことです。


主人の不倫の最中は、度重なる朝帰りや嘘、無視や暴言といったモラルハラスメントに苦しめられましたが、同じ土俵にたちたくなく、一切私からは相手の女性のことには触れず傍観していました。


結局、不倫相手からの精神的な追い立てに温度差が生じ、主人自ら別れを切り出したようです。


別れの後、彼女からもらった新品のお財布に、複数の縁結びの御守りと胎児のエコー写真をしまって持ち歩いていたらしく、洋服の整理をしていた際に私がこれらを発見し、ついに話し合うこととなりました。


話し合いで相手との別れを知り、また妊娠、中絶させていたことを知りました。

思いのたけをそれぞれに伝え、私が別れるつもりはない旨を伝えると、主人は「僕が全て悪い。これからも一緒にやって行くために、僕ができることを全てやるつもりだ」と伝えてきました。


現在、主人は努めて明るく私とコミュニケーションを図ろうと頑張っています。私も何事もなかったように元気に振る舞っています。


けれど、携帯に彼女の写真を隠しもっていること、彼女に似た雰囲気の女性を見かけると振り返っていることを私は知っています。


男性にとって、別れた不倫相手とはどんな存在で、またその思い出の品は捨てられないものなのでしょうか。

| カリカリ | 2010/07/20 20:54 | ≫ EDIT

カリカリさん

はじめまして。

色々なケースがあるので、なんとも申し上げようもないのですが、
写真などは、はっきり嫌であることを言った方が良いかと思います。
十分話し合う余地はあるようですから。

>結局、不倫相手からの精神的な追い立てに温度差が生じ、主人自ら別れを切り出したようです。

そういった相手であれば、写真は躊躇無く捨てる事ができると思います。

>話し合いで相手との別れを知り、また妊娠、中絶させていたことを知りました。

避妊出来ない男性について、私は激しく批判していますので、
お答えできるのはここまでということでご了承いただければと思います。

お役に立てずに申し訳ありません。

| onimaru | 2010/07/21 02:38 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

https://onimaru.blog.fc2.com/tb.php/453-66c5af36

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT