不倫日記

不倫をやめたい人の背中を押せるかもしれないブログ

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫おやじから逃げる方法にご意見をいただきありがとうございます

先日からこちらの、不倫おやじから逃げる方法にご意見をお願いしておりましたが、コメントを頂いた方、本当にありがとうございました。

先日も申し上げましたが、被害者の方がすぐ見てわかるように私からはコメントはいれておりませんので、ここでお礼を申し上げます。

今のところ、まだご本人からはご連絡はいただけていませんが、今回は私の方から「どうでしょうか?」ということでお話をし、「それでは」というカタチでご了承いただきましたので、ご本人様から積極的なアプローチがあったわけではない、ということでご了承いただければと思います。


実はこういった問題というのは、今回が初めてではなく、以前にも同じような状況に身を置かれている方からもコメントをいただいています。しかも複数で。

何度かやり取りをさせていただいた後に、無事に関係を清算できた。というコメントを頂いたときは本当に、腕を突き上げようか、というぐらいに嬉しく思ったものです。

だいたいこういうイカレたおやじに限って、お別れの意思表示を示すと、泣き落とし、脅し、とあらゆる手を使ってつなぎとめようとするものです。

まあ男じゃあないですよね。かと言って女でもない。
男でも女でもない、なんか別のイキモノという感じがします。

で、いただいたコメントですが、やっぱり女性の側からのご意見というのは本当に説得力があり、またご本人が非常に大変な状況であるにもかかわらず、コメントを入れて頂いた方もおり、頭が下がる思いです。

ただ、最終的には「ご本人の強い意志」というのが無ければせっかくのご意見も、ただ眺めるだけに終わってしまいますから、いただいた貴重なご意見を活かせるよう私は願っておりますし、ご意見をいただいた方も間違いなく同じ気持ちだということです。

好きだから、これさえなければ、というのは単なる思考停止に過ぎないことをお忘れなく。

「選んだアンタにも責任が」なんてご意見も、もしかしたらあるのかもしれませんが、そんなんで済めば、だれもDVで苦労しないわけで、最初っからわかれば誰もそんな相手なんかとそうならないですからね。

関連記事

| 思うこと | 11:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして

はじめまして。がちゃぴんと申します。
会社の10コ上の先輩と2年間不倫が続いていました。
不倫の節目節目で実はこっそりのぞかせてもらっていました。
ちょうど1年たったころで転勤があったり色んなことがありましたが、お互い会いたい気持ちがあり続いていました。

つい2週間前別れが突然やってきました。
きっかけは本当にばかみたいな事でした。
でも、私は彼とのことは悪い方向にしか考えられなくなっていて、彼の方もたぶん私のことを前ほど愛しいと思わなくなっていた私たちにとっては十分なきっかけだったのかもしれません。

だけど、やっぱりまだ彼からの連絡を心のどこかで待ってしまいます。
仕事のある日は忘れることができるのですが、休みの日やその前日はふと涙が出ます。
彼と会えないことがつらいのか、あっけなすぎてこの2年間はなんだったんだろうというくやしさなのか・・・自分でも分かりません。
ただ、彼にとってどうでもいい・ばかな女として終わってしまったのはやはり悲しいです。もっといい女で終わりたかった。ただの意地ですね・・・。

このまま彼を忘れるべきだと思う気持ちと、彼からの連絡を待ってしまう気持ちが波のように押し寄せてきます。


って、記事に関係ないコメントですみません。。。

別れたいのに別れさせてもらえない悩みと別れなきゃいけないのに自分が決断できず別れられない悩みどちらがつらいんでしょうね。私のような後者は単なる甘えなんだとは分かっているんですが、自分でもどうしていいか分からなくなります。

| がちゃぴん | 2009/08/29 14:23 |

こんばんは

>「選んだアンタにも責任が」なんてご意見も、もしかしたらあるのかもしれませんが、そんなんで済めば、だれもDVで苦労しないわけで、最初っからわかれば誰もそんな相手なんかとそうならないですからね。

そうなんですよね。これ。
被DV・モラハラの方が一番辛い言葉だと思います。
特にDVの場合、最初から暴力・暴言でくるんじゃなく、最初は普通に恋愛が始まる訳ですから。
そして追い詰められてしまった心は、他人から「アンタにも責任が…」なんて言われると、ホントにそう思えてしまう。
だから周りに助けを求めることができなくなる。

悪循環です。

被害者なんですから。
いくら恋愛感情からの間柄でも、他人の心や身体、生活が脅かすことなんて許されないんです。

助けを求める第一歩は、onimaruさんに相談することで始まったんです。
心から第二歩目を踏み出して頂きたいと思います。

| 椿 | 2009/08/29 22:29 | ≫ EDIT

がちゃぴんさん

はじめまして。
ほぼおじさんの悪口と下着ブログですが、よろしくお願いします。

>このまま彼を忘れるべきだと思う気持ちと、彼からの連絡を待ってしまう気持ちが波のように押し寄せてきます。

どうでしょう。判断が難しいところですけど、男はともかくとして女性にとって一番良いカタチ、が一番ですよね。今後のこともありますので。女性は。
仮に終わるにしても、会ってご自身のお気持ちをぶっかます、というのが一番かと思いますよ。
時期というのは私にはわかりませんが、ご自身の気持ちが固まった時。だと思います。そうでなく唐突に終わらざるを得ない、というのではやっぱり後悔が残るし、踏ん切りもつけられないかと思います。

コメントありがとうございます。また見てくださいね。

| onimaru | 2009/08/29 23:57 |

椿さん

こんばんわ。いつもありがとうございます。

>だから周りに助けを求めることができなくなる。
そうだと思いますよ。だからこれだけ問題になるわけでして、発表される数字なんか見ても、もっともっと潜在的には被害者は多いはずです。まして不倫ならなおさらですよね。
数字に出ているのは、本当に周囲の人に励まされたりして踏み出した方という気がします。

でも「好きだから」とか「それさえなければ」っていうのはやっぱりマズい。「それがあるから」大問題なんであってね。
私もご本人が勇気を持って踏み出すことを強く願います。

でも多いですよね。特に上司という立場を利用するのは最悪でして、相手の立場と家庭なんかは考慮してる場合じゃないと思います。

コメントありがとうございます。また見てくださいね。

| onimaru | 2009/08/30 00:10 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

https://onimaru.blog.fc2.com/tb.php/416-dafb33d1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT