不倫日記

不倫をやめたい人の背中を押せるかもしれないブログ

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫の終わりを肯定的に考えてみる

最近になって、「お別れはしたけれど・・・」というようなコメントを多くいただきました。

・・・というのは、まあそういうことでして、先日のチャットでもそのようなご意見をいただいています。

不倫が終ったからハイすっきり、というような訳にはなかなかいかず、思い出しては涙することも。というようなことなんですが、でもあえて失礼を承知で申し上げますと、終わりというよりもスタート、とも言えるのかなという気がします。


物事のスタートにはいろんな準備が必要なわけで、その準備としての涙や葛藤、悔いみたいものがある、なんて勝手に思ったりも。

確実に言えるのは、ご自身があえてそれを選んだのであれば、選択は決して間違いではないと思います。
自分であえて辛い方の道を洗濯しているのに、なんにせよいい結果が出ない、なんてことはないはず。

残念ながら簡単に忘れ去るようなものではないでしょうし(自分もそうです)、最高の名医である時間でも完璧ではなく、思い出すこともあるでしょうけど、でも決して今の状況が永遠に続くか、と言えばそうでもないと思います。

ふと気がつくと、おじさんのことでいっぱいで見えなかったこととかが、見え始めたりするのかもしれませんね。



関連記事

| 思うこと | 00:37 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

だいぶ前にお別れしたけれど、再会して、どっぷり漬かってる私は一体どうしたいんでしょうね。
ほんと、わかんないや。。。
自分のことがわかんないって情けないですね。
どうするんだろう。。。どうなるんだろう。。。

| とおこ。 | 2009/05/15 02:20 |

超ネガティブなコメントにも返事下さってありがとうございます。
彼と付き合ってた時「結婚ていう制度や、家族の信頼ってものを私は踏みにじるような事をしてるんだから、一生一人でいい。幸せにならなくていい。」 って自分に暗示を掛けていたんです。
でも別れた今もそんな気持ちで、後ろ向きでいるなんて現実逃避ですよね。自分の人生ちゃんと生きなきゃ。
彼にとって私はただの浮気相手だったんだろうけど、私にとって彼は恋人で、親友で、家族で、先生で…色々な人を一気に失ったような感じなんです。めちゃくちゃ辛いけど、
忘れられない自分を責めるのはやめます。
もう少し楽になれたら、またコメントします。いつもありがとうございます。

| 桜の木 | 2009/05/15 11:16 |

肯定的に…

肯定的に考える…。
まずは出会いから。
好きになるのに理由はいらないと言うけれど、きっと何かしらの意味があっての出会いだと思うんですね。
「こんなにも好きになれる自分がいたんだなぁ」と気付くとか、「彼に会う日までに綺麗になろう!」と思う、可愛い一面が芽生えるとか。
もちろん表沙汰にできない恋だし、辛いこともたくさんあるけど、新に気付きや何かを学ぶ必要がその時期の自分に必要だったんだと、肯定的に出会いを受け止めたい。
それと同じく、お別れも。
そのお別れの辛さの中から、何かしら生まれて来た(来る)ものがあるはずです。
それをその時期に受容する必要があるから、お別れの時が来るのだと思います。
そして、また歳を重ねて再会する必要があったから・・・私はまた彼に会ったのかもしれないと、最近思うようになりました。

| 椿 | 2009/05/16 00:57 | ≫ EDIT

熱病でした

お久しぶりでございます。
少し思うところあり、久々にお邪魔させていただきました。
ズレたコメントになってしまったら申し訳ありません。


今思うこと、はっきりと言えることは表題のとおりです。

熱病でした。

うかれ、冒され、けれども私の人生において必然でした。

人は一人です。
独りです。

だからこそ様々な傷を負い、抱えて、癒して、強くなる。
きっと、だからこそ幸せになれる。

今はそう思っています。

今でも好きです。
きっと一生、とびぬけて・・・いや、「別枠」で大好きなまま。
だけれども「大好き」は決して、そう、決して免罪符にはならない。
思い出すたび独りで泣くのは罰だと今はわかっているから、それが私が抱えていくべき痛みであり苦しみ。

支離滅裂ですが・・・・

叶わない想いの行き場はないんですよね。
いつだって男女はもつれてなんぼ、なんでしょうかね・・・。

ココにいらっしゃる辛い恋心を抱えた方々の気持ちがあまりに痛くて・・・・つい差し出がましいコメントをいたしました。

すいません。

| りず | 2009/05/16 01:19 |

以前コメントさせていただいたまなです。
一ヶ月ほど前に最後のデートをし、きちんとお別れをしました。別れた直後は彼がいない心の隙間が大きすぎて、泣いて泣いて、極限まで落ちました。大体は予測していたのですが、それ以上でした。日常生活昼間でも、誰かといるときでも、ふとしたときに涙が突然溢れるというのは私の今までの経験にはないと思います。けど人間って不思議です。いつまでもどん底の状態でいることはないのです。
ふか~い海に沈んで沈んで、まだ行くかというほど沈んでも、海底はあるんです。底に足がついたら、後はつま先で底を蹴って上へ上がるだけ。無理に頑張って上がろうとしなくても、自然と水圧の力を借りて昇っていくんです。
今は私も酸素をたっぷり吸える状態まできました。
後は自由に地上を走り回る。
辛いとき、私もそうでしたが、立ち直ることなんてできないと思うかもしれません。でもそんな事ないって経験した今胸を張って言えます。 誰だって別れは辛いんだもん。無理せず、へこむときはひたすらへこむ!そしたは後は上がっていくだけです。

独身男性と未来あるお話に華を咲かせる事ってすごく楽しいですよ!
たとえ現実にならなくても。笑
でしゃば

| まな | 2009/05/16 04:54 |

とおこ。さん

こんにちわー
どうなんでしょうねえ。出会いには必ず意味があるはずなので
なにかしらお互いに必要な存在なのかなあとも思います。
それがいい出会いになるのか、そうでないのかは
本人達次第ですよね。きっと

コメントありがとうございます。また見てくださいね。

| onimaru | 2009/05/16 08:32 |

桜の木さん

>一生一人でいい。幸せにならなくていい。

それだけは絶対にないです。
不倫関係におちいった女の子にとって一番大事なのは、女の子自身とその将来ですよ。
何と言ってもおやじと違って先がありますからね。
素敵なコメントをいただいています。ぜひとも読んでください。

http://onimaru.blog51.fc2.com/blog-entry-384.html#comment3768

| onimaru | 2009/05/16 08:53 |

椿さん

こんにちわ。いつもありがとうございます。

出会いには必ず意味があると思いたいですね。
悲しいだけのおつきあいじゃあ、まさに悲し過ぎますからね。

>そして、また歳を重ねて再会する必要があったから・・・
そうなのかもしれませんね。ほんとによくできたものだという気がします。
再会すべくして再会した、ということなんでしょうかねえ

ところでワタクシ、まったくそういったお話というのが皆無でして(笑)
きっと普段の心がけが悪いから
「もうあんなくそおやじには二度と会う必要はない」という運命というか決まりというか
赤い糸ぶち切れなんでしょうね。いやいやほんと。
きっと男の中の男的な発言ができなかったせいかもしれません。
いやあ、でも言えない。ワシには言えなかったなあ。とられたくないし

コメントありがとうございます。また見てくださいね

| onimaru | 2009/05/16 09:04 |

りずさん

しばらくでした。また見ていただきありがとうございます。

>少し思うところあり、久々にお邪魔させていただきました。

そうおっしゃらずに、ブックマークに入れて毎日お楽しみください!って自信を持って言えるようなものでもございませんが、不倫はともかくとして、おパンツでは「恋に効く」を目指してますのでよろしくお願いします。

>熱病でした。

自分も同じようなことを考えたことがあります。でもどう考えても女の子のほうが辛い思いをしているはずなのに、それでも「必然だった」と言い切れるところがやっぱりね健気で、おやじなんかとは根性が違うんだなあと思い知らされます。

>だからこそ様々な傷を負い、抱えて、癒して、強くなる。
>きっと、だからこそ幸せになれる。

そうあってほしいと、強く願います。そうでないと意味の無いものになりそうで。
多く涙を流した人は多く幸せになれる、とも願ってます。

>ココにいらっしゃる辛い恋心を抱えた方々の気持ちがあまりに痛くて・・・・つい差し出がましいコメントをいたしました。

ありがとうございます!ワタクシがいくら言ってもやっぱり「おやじ側」なので説得力が乏しいといつも思っています。ですから経験をされた方から、コメントをいただけるのは大変ありがたいことです。

コメントありがとうございます。また見てくださいね。

| onimaru | 2009/05/16 09:17 |

まなさん

こんにちわ。また見ていただいたんですね。ありがとうございました。
以前にコメントを頂いた時は、大変に辛いご様子だったのでどうなのかなと思ってました。
そういった方からまたコメントをいただけるのは大変うれしいです。

>無理に頑張って上がろうとしなくても、自然と水圧の力を借りて昇っていくんです。

そうですね。状況がそうなればきっとそうなれると思います。

今回頂いたコメントがすごく説得力があり、悲しい思いをされている方のヒントになるとも思いますので
記事に引用させていただいてもいいですか?いいですよね。

よろしくお願いします!

| onimaru | 2009/05/16 09:22 |

onimaruさーん

この記事にぴったりな時期のsachikoです!
元気なのか、元気じゃないのか、もはや何もかもが迷い道です(笑)

思い切って泣いて落ちるとこまで、落ちたら良いのかもって思うけど
寸前で、泣く事から逃げてる自分もいます
早く忘れたい、この辛さから逃げたい・・・って今はそれだけで

でも向き合わないと、乗り越えられないんだろうなー
そんなのきつすぎるし、受け止められない。
そしてこんな時でさえ女友達にも慰めてもらえないこの恋愛・・・
別れた事を喜ばれるのが、
悲しさを倍増させてしまうし
彼に固執してしまう気がします


これ以上、頑張りたくないけど、頑張らないと乗り越えられないし
乗り越えられないと、きついままだしー


ああ、暗いですね(笑)ごめんなさい

| sachiko | 2009/05/17 03:42 |

sachikoさん

どもっ、おはようございます。

>寸前で、泣く事から逃げてる自分もいます

泣きたい時は泣くのが自然のようにも思います。
おぢの場合ですと、ぐっとこらえることもありますが、女の子の場合は自然でいいんじゃないですかね。そのほうが回復できるようにも思いますがどうでしょう。

ブログを拝見する限りはお元気なご様子ですが、やっぱりそういうコメントをいただくと、あえて明るく振る舞うようなところも感じられ、女の子は健気だなあと思います。

先日、すごく素敵なコメントをいただきました。読んでくださいね。
↓↓↓
http://onimaru.blog51.fc2.com/blog-entry-384.html#comment3768

| onimaru | 2009/05/17 08:34 |

なかなか・・

onimaruさんこんばんわ。
肯定的ってなかなか難しいですね。
なんで・・どうして・・どうしよう・・こんな風にしか思えない時、なかなか現実を受け入れることができませんでした。毎日毎日泣き過ごし、はれた目で仕事に行くという日々もありました。
彼氏は???という感じだったようですが(苦笑)

でも、現実を受け入れていくことは前に進むということ。これで、週末を気にすることもなく、連休も関係なくて、日々嘘をついて過ごすこともなくなる・・と気持ちを切り替えていこうって無理やり暗示をかけてました。でも、おじにかけられた暗示を解くのは簡単ではないんですけどね。

そして今の状況をどう肯定的にとらえればいいのかなって考えているとこへこのonimaruさんのお題です。
たまーに、なんの色気もないメル友のようなメールが届きます。なんで私にメールをするのか、さっぱりわかりません。私に対する気持ちが完全に変化をしていて恋心がなくなってて、通り過ぎたからメールできるのかなって思っています。今日も単身赴任先に戻る移動中に(たぶん)メールがきました。
これも初めは、前に比べてそっけないメールで随分落ち込みましたが生存確認が出来るだけでもいいかなって思っています。
自分の思いかたしだいで変えていけるものでもあるんですよね。

| kirakira | 2009/05/18 00:47 |

kirakiraさん

こんにちわ。

>肯定的ってなかなか難しいですね。

そうですよねえ。でも第三者的に見ると、「良かった」ってことになるんですけど、やっぱり辛い人と別れるっていうのは断腸の思いでしょうからね。

>でも、おじにかけられた暗示を解くのは簡単ではないんですけどね。

うーん、そこで若者が活躍しないと。がっつりと。
でもすぐは無理ですよね。そこはゆっくりといけばいいんじゃないでしょうか。

>なんで私にメールをするのか、さっぱりわかりません。

なんでしょう。でも少しわかるような気もしますが、うーん。なんでしょう。
ずっとつながりを持っていたいというのはあると思います。と、同時に「いたら邪魔」というキモチもありますよね、きっと。

>自分の思いかたしだいで変えていけるものでもあるんですよね。

それが一番ですよ。大変ですけどね。自分で変えて行ければすごく強いと思います。

| onimaru | 2009/05/18 21:15 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

https://onimaru.blog.fc2.com/tb.php/384-6a3360ef

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT