不倫日記

不倫をやめたい人の背中を押せるかもしれないブログ

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いつか来る日(7)

「しばらくの間、会えないけどな」

やっぱり「もう会うこともないだろうけど」とは言いたくない。
たとえ向こうがそう思っていたにせよ、です。

ずいぶんと時間も経ったようで、すっかりと落ち着きを取り戻したようです。と、同時に「もしかしたら」を否定する強さ、というのもその日の彼女に感じました。

以前にも書きましたが、この時点では「まだ誰のものでもない」という意識があったんだと思います。今は無理だろうけどいずれまた、というような甘い愚かな意識はやっぱりどこかにあったんでしょうね。

そう思いたかっただけなのかもしれませんね。そうすることで直視を回避していたのかもしれません。

12時を過ぎた頃、初めて歩いて、自宅の前まで一緒に向かいました。

ほんとうはね ずっと こうしたかったんだよ

人に見られないように、というのは彼女のため、といいながら自分のためだったのかもしれません。

二つ約束をし、あっけなく彼女はドアの中へ消えていきました。

私も振り向くこともなく、車へ向かいました。今思えば、多分「きっとそのうち」と無理やりにでも自分自身に思い込ませたかったんだと思います。
そうでなければ、やり切れなかった。そう、こんなコが自分の元を去っていくという現実を受け入れられなかったんだと思います。

一度だけ振り向いてみました。少し霞んでいるようにも見えます。

3年近く続いた不倫は終わりました。

お別れの時に交わした二つの約束は、きちんと守られたのは、以前に書いたとおりです。
あらためて、自分の心の中を占めていた大きさ、大事さ、彼女の痛みを知ること、霞んでいた視界が、大雨になるのは、約束が守られたときでした。


関連記事

| お別れ | 23:10 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

自分の中で彼女さんが大きな存在だと気付いた分、別れはつらかったでしょうね・・

不倫関係の終わりにはこんな悲しみが付きまとうのも当然ですよね。
バレてモメてお互い憎み合って別れる・・とかよりは、ずっと良いですけど。

最後まで素敵な恋愛でしたね^^

| しろ | 2007/10/06 00:15 |

しろさま

>自分の中で彼女さんが大きな存在だと気付いた分
本当に気がつくのは、もう書いてしまいましたけど
やっぱり「再会」の時でした。忘れることはないですよ

>お互い憎み合って別れる・・とかよりは
それだけは避けないと、とは思います。でも
気持ちが残らないので楽かもしれないですけど。

でもどんな結末でも相手の幸せを願えるようなのが
いいとは思います。

| onimaru | 2007/10/06 17:17 |

彼女さんも、自らお別れを伝えるのとても辛かったと思います。好きなのにお別れを言うこと、私はうまく出来ませんでした。

自分で決断するのが嫌で、彼から終わりたいと言われたくて、めんどくさい女を繰り返しましたが、彼ははっきりせず終わりたいと言ってくれませんでした。

どうしたいか言って!どう思う?
この繰り返し。

そーゆーのがめんどい

悲しいはずなのに、なんかすーっと気持ちが軽くなりました。やっとちゃんと言ってくれたと。

彼は私と過ごした時間楽しかったのかな?


結局は、自分の事しか考えてないですね。

自分からけじめをつけた彼女さんは、きっと相手を思っていたと思います。
別れても思ってもらえること、別れても思うこと
素敵なことだと思います

| ゆう | 2016/03/12 01:00 | ≫ EDIT

ゆうさん

ゆうさん、こんにちわ。
昔の記事にコメントを頂いたんですね。ありがとうございます。

ずっと続く訳がないという思いは常にあって。
でもそれが具体的にどうなるのかはわかりませんでした。
私は相手に救われたと思っています。

昔のことですから、記憶があいまいになるところもあり、
また同時に昨日の事の用でもあるような気もしています。

>彼は私と過ごした時間楽しかったのかな?

それは間違いないと思います。

関係を動かすのはいつも女性ですし、
不倫が終わらなければ、始まらないこともあります。

コメントを頂き、ありがとうございました。

| onimaru | 2016/03/12 01:25 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

https://onimaru.blog.fc2.com/tb.php/157-d40a1ab8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT