不倫日記

不倫をやめたい人の背中を押せるかもしれないブログ

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

エピローグ3

「結婚はゴールじゃない、これからが大変なんだ」
などともっともらしいことを言ってはみましたが、まあ何を言ってもちょっと虚しいような気もします。

ごくごく常識的に考えれば、自分だけを見て、自分だけを愛してくれ、自分のそばにいてくれる人がいいに決まってるのです。

それにしても私との出会いから結婚まで随分とあっという間だったな、と思います。


それもこれも全て彼女が悩み泣き、自分の意志で動かしたからだと思っています。

いつもそばにいると、ついつい(特に男は)それが当たり前みたいに思うようなところもあって、まあいわゆる「あぐらをかく」状態になりがちです。自分もそう映ったのかもしれない。

「今のおれは何だ?」


「永遠の恋人」

・・・・・・

言い方はちょっと悪いですが

逃した魚はデカいです。

本心なのか、気持ちの余裕がそう言わせたのかわかりません。

どんな関係であっても常に相手に対する感謝の気持ちをわすれずに、それをきちんと表現することが大切だと気がついた時には
今のような現実が待っています。現実が待っているとは言っても彼女にとっては喜ばしいことですから。素直に祝福してやらんとな、と思います。

失ってから改めて気がつく相手の大きさというのをこれほど感じたことはありませんでした。が。めでたいことでもあるわけですね。
関連記事

| お別れ | 22:18 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ありきたりですが

幸せになってゆく彼女をみつめられて、
これで良かったと思われたのではないでしょうか。
「俺と出会えたからこそ、この幸せがあるんだぞ」
そう思っておきましょうよ。
なにしろ、永遠の恋人と言われたんですから、ね。^^

| miki | 2007/09/12 00:00 |

不倫の辛さも反動となって、結婚の決断が早かったのかもしれませんね。

『永遠の恋人』・・彼女さんの本心なんでしょうね、きっと。
切ないですね。


| しろ | 2007/09/12 00:02 |

mikiさま

>これで良かったと思われたのではないでしょうか。

そうですねえ。確かに本当によかったな、と素直に認めることのできる自分もいるわけです。
永遠の恋人が余裕のなせる技か本心か、本人にしかわかりませんが、元来私はおめでたいほうですし、
本心で、と思っておいたほうがずっとイイですしね。不器用でお世辞なんか言えないコでしたし。
それにしても女性って不倫に限らずつらい恋を経験することで人として、女として成長し、キレイになっていくように思うんですけど(いわゆるいいオンナ)ですか男ってどうなんでしょうね。
気の持ちようですね
コメントありがとうございました。

| onimaru | 2007/09/12 01:50 |

しろさま

こんばんわ、しばらくでした。
>不倫の辛さも反動となって、
いえ、さすがにそれはなかったようです。思いきり省略してますが、まあまあそれなりの事情なんかもあったようではありますが。
変化に適応するっていうのは女性のほうがずっと優れているようではあります。男はどうも右往左往するだけで・・(笑)器が小さいというかなんというか。でもよかったと思ってます。
コメントありがとうございます。

| onimaru | 2007/09/12 02:00 |

はじめまして


最近このブログを見つけて、最初から一気読みしてしまいました。
りんも不倫中です。
りんの彼もonimaruさんと同じようなことをよく言うので、なんか自分と重ね合わせて切なくなって涙がでてしまいました。
私もいつかは終わる・・・とは思っていますが、そうだな~早く好きな人見つけたいな~って思いました。
今は、罪悪感や辛い気持ちより、好きな気持ちが勝ってしまっているので無理かな。。と思います。
自分の事ばっかりですいません。
また遊びに来ますねww

| りん | 2007/09/13 22:31 |

こんばんは

切ないオヤジ心が、伝わってきました。
やはり今でも「永遠の恋人」として、彼女の結婚に対する心のひっかかりはあるものですか。

変な質問をしてしまって、ごめんなさい。
オジサマを恋人にもつ身として、気になってしまったのですが、差し障りがありましたら遠慮なくスルーしてくださいね。

| mimoza | 2007/09/13 23:36 |

りんさま

こんばんわ。はじめまして。
>なんか自分と重ね合わせて切なくなって涙がでてしまいました。
悪いモノにでっくわしてしまいましたね。大変失礼致しました。
一気読みありがとうございます。
こういった関係ですから「ずっと続くといいですね」とかは言えませんが、
一番大切なのは「ご自身である」とだけ申し上げておきます。
あとで「なんであんなおやじに」とか「おれも見る目がなかったな」
というような結果には終わらせたくないですね。
実は私は不倫は否定派ではありますが(説得力がないけど)相手を想う気持ちには肯定的でいたいです。妻子持ちに好意を持ってくれたことに対して。
ボチボチ更新してまいりますので、また見てやってくださいね。
>自分の事ばっかりですいません。
全然おっけーです。愚痴でもなんでもぶちかましてやってくださいませ。

| onimaru | 2007/09/14 01:30 |

mimozaさま

こんばんわ
>やはり今でも「永遠の恋人」として、彼女の結婚に対する心のひっかかりはあるものですか。
それはやっぱりですね、諸手を挙げて「イエー!最高だぜ!」という気持ちにはなれないものです。
この気持ちはずっと続くようにも思いますが、反面やっぱり「よかったね、おめでとう」という気持ちもあります。
ただ、万が一数年後に再会する機会があって、その時に「あの時の面影はどこへやら」っていうのもイヤです。いつまでも輝いていてほしいとも思いますが、それはやっぱり本人の資質+結婚相手に大事にしてもらってるってことですから。複雑です。
まあでも本音は
「彼女が一番キレイだったのはオレとつきあっていた時」というのが最高です。恋をすると女性はキレイになるっていいますからね。ところがそれを評価する人がいない(笑)。本人達しか知らないことだから。
>遠慮なくスルーしてくださいね。
大丈夫です。問題ないです。くたびれた中年おやじでも少しはお役に立てれば幸いです。

| onimaru | 2007/09/14 01:44 |

はじめまして

初めまして、かずんと申します。既婚子供2人のおじさんです。
私もつい最近まで、20代の独身女性と不倫してました。独身とは言っても子供ありの未婚女性なのですが、きっかけは女性の方からの誘いで「家庭には迷惑掛けないから」てな感じで、最初は「こりゃラッキー」と思いましたが、顔もスタイルも性格も最高にいい女性で、更に相手が私のことを相当好いてくれていたので、家庭がある身ながら、分かり易く言えば、思いっきりハマってしまいました(不倫は初めてでは無かったのですが・・・)。
でもある日突然「結婚願望が急に沸いてきた」と言われ別れました。私の立場からすればそれを受け入れるしかなかったのですが、同じサークルの仲間なので、今でも定期的に会わねばならず、普通に接する彼女を見ると、とても辛いです。彼女も私と付き合って色々思い悩んだんだろうと思ったりしますが、ふっと気付くと暗くなっている自分が居ます。家庭がありながら、とんでもない男なのですが、何か良いアドバイス頂けないでしょうか?よろしくお願いします。

| ぼん | 2007/09/15 13:11 |

かずんさま

はじめまして。ご訪問いただきありがとうございます。
>ふっと気付くと暗くなっている自分が居ます。
終わり方がどうであれ、お気持ちは察します。また、そういったことを「情けない」とも「カッコ悪い」とも「女々しい」とも思いません。
「好きな相手」が去っていくのは、既婚でも独身でも生木を裂かれるような思いです。

>家庭がありながら、とんでもない男なのですが
確かにとんでもないかもしれません。私もとんでもない部類の一人ではありますし、こういった行為を美化することも肯定することもしませんが、「相手を想う気持ち」を否定する気持ちもございません。

さて、日常的に接するというのがどの程度なのか、よくわかりませんが、
最近思うんですが、こういう時にこそ、男の度量が試されるような気もします。
ためされると言っては語弊があるかもしれませんが、イイ時というのは確かに楽しい。何もしなくても、何も考えなくても楽しいわけですね。
こうなった時にどう対処できるか、で男の価値が変わるようにも思います。
いかがでしょう?もう去っていってしまったのに「こうなった時」なんて言ってられないかもしれませんが、それでもお友達として、サークルの仲間として接することは大事だと思います。
そういった経験がないので(終わった後も日常接する)なんとも言えませんが、
心中はお察しします。

女性が去っていった時、男ができることは
耐えること
しかないようにも思います。特にこういった関係ですと、人に話すわけにもいかず、一人で悶々とする日々を送るかもしれません。

終わったあとでもいい関係でいたいのであれば、彼女の
>「結婚願望が急に沸いてきた」
を肯定し、静かに暖かく、デカく見守ってください。普通に仲間として接することは辛いですがとても大事なことのようにも思います。

先日ある人に、「男のコって下を向いていたら生きていけないんだよ」と言われました。不倫ネタとはまったく関係のない話の中ではありましたが。

| onimaru | 2007/09/15 18:16 |

アドバイスありがとうございます

onimaruさん、親身なアドバイスありがとうございます。
も少し書かせて下さい。
 サークルはスポーツのサークルで週2回程度ありまして、試合にも出てます。彼女とは同じチームで、現在もある大会に出場中です。
 最初、別れることになった時、私は努めて明るく振る舞い普通に接してました。しかし、そうすればそうするほど辛くなって、1ヶ月ほど経った時、我慢出来なくて、私から「何で別れたんだ?」みたいな感じで聞いてしまい、相手も「何を今更」みたくなりました。
私はサークルを辞めようと思い1ヶ月程行きませんでした。正直その間は、会って辛い思いをしなくて済むとの思いから、相当気が楽になってたんです。
でも家族や別の仲間から「あんなに好きだったサークルを何で辞めるんだ?」と言われ、かみさんからは「何かあるんじゃないの?」と怪しまれる始末で行かない訳にはいかなくなりました。更に彼女から「何で来ないの」とメールが来て、12月まで大きな試合も続くので他の人に迷惑も掛けられないとの思いから、しぶしぶ行くことになりました。
 自分ではだいぶ気持ちの整理が付いたつもりだったのですが、会うとやっぱり同じ状態になってしまします。「こんな事にいつまで振り回されるのだろう?」と思うし、彼女を見て「女は強かだなぁ」とも思います。

今回onimaruさんのサイトを見付けて、こうして心の内を書かせて頂けでも楽な気持ちになるし、アドバイス頂けて嬉しいです。
本当は、大きな大会が終わる12月でやっぱり辞めようと思ってたんですが、(今もどうしようかと悩んでますが・・・)アドバイスを頂いて、少し頑張ってみます。どうなるかは分かりませんケド。
また書かせて貰います。長々書いて済みませんでした。

| かずん | 2007/09/18 09:56 |

かずんさま

こんばんわ、再度のコメントありがとうございます。

>彼女を見て「女は強かだなぁ」とも思います。
強いです。私は元々女性には頭が上がらんものだと思っています。
強いというよりも新しい環境に適応する能力というものは
女性のほうが男なんぞよりははるかに優れていると思います。

>「こんな事にいつまで振り回されるのだろう?」と思うし
会う機会があるならずっと続いてしまうかもしれないし、スグ終わるかもしれません。
なんとも申し上げられませんが、簡単なのはゴリ押しで辞めてしまうことですね。

不倫はリスクが大きいです。すべてを一瞬で失ってしまうかもしれないし、
そうでなくても終わった時の悲しさや辛さは言葉になりません。
リスクが大きい分、甘美な時間もあるのですが・・・

お別れに至る過程というのが唐突でなんとも申し上げられませんが、
おつきあいの途中で彼女を傷つけるような行動はなかったでしょうか?
元に戻れるとかそういうことではありませんが、大好きだったかずんさんと
別れを決断するに至った過程はちょっと考えてみる必要があるかもしれません。
だからどうだ、と言われればそれまでなんですが、ご自身を納得させるにはいいかもしれません。

男はこうあるべきだ、とかこうあるべきでないとは思いませんが
現状を考えますと、辞めるというのはちょっとどうでしょう。
大きなお世話かとは思いますが、いかがなものかなあとも思います。

消極的回避策で(すいません、悪い意味ではないです。つらいお気持ちはわかります)
辞めてしまっても、他の仲間に合わせる顔がないようにも思いますがどうでしょう。
いや、でも辛いのはわかります。

もうちょっと続けてみてもいいようにも思います。もしかしたらいい友人として
(多少のわだかまりは残るものの)接することができるようになるかもしれないし、
ダメならその時に辞めりゃあいいだけの話です。

こう言ってしまうと、身もフタもないんですが、確かに彼女も大事かもしれませんが
そこの仲間というのも得難いものだという気もします。
毎日ほぼ2時か3時近くまで仕事をせざるを得ない私から見たらうらやましい環境です。
女性とのことが原因でせっかくの人間関係を捨ててしまうのもどうだろ?とも思います。

良いアドバイスも、叱咤激励も、優しい言葉もございませんが
同じ中年として(若かったらごめんなさい)強くあってほしいとは思います。

| onimaru | 2007/09/18 22:07 |

消去させていただきました

これは墓場まで持っていく秘密ですが、
やっぱり女って(私って)、自分の胸1つに収めておくことが
かなり苦しくなることもあります。

それでこちらにこっそり、書き込みさせていただき、
onimaru さんのお返事もいただき、感謝しております。

| 紫陽花 | 2015/07/16 01:04 | ≫ EDIT

紫陽花さん

紫陽花さん

私のお返事だけが残るのも変なので
こちらも消去しておきました。

ご丁寧にありがとうございました。

| onimaru | 2015/07/16 08:24 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

https://onimaru.blog.fc2.com/tb.php/148-3c6ccad6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT