不倫日記

不倫をやめたい人の背中を押せるかもしれないブログ

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ありがとうございます!2016ご入籍お一人目です!

良いスタートが切れました!
早速年明け早々に入籍のご連絡を頂いています!


身内だけの小さな神前式、美味しい料亭のお料理、嬉しそうなみんなの顔と、みんなの涙。本当に不倫をきっぱりやめて、よかったと、そう思います。

というかそんな過去などその日は微塵も思い出しませんでした。

このブログも、その一歩を歩ませてくれました、ありがとうございました。


おこがましくも、渦中のみなさまに伝えたいことがあります。

不倫するには、理由がふたつあります。
さみしさと、自己否定です。

それは不倫ではけして解決できないと、心の隅にとめておいていただければと思います。

そして、不倫では大げさな愛情表現があって、私は「独身でこんなふうに愛を表現してくれる人はいない」と思っていましたが、います。ほんとです。

あなたを愛してくれる人で、あなたを不安にさせる人なんかいません。

それは不倫でも独身でも一緒です。

そして女性はみんな、安心感とともに愛される価値がある。コメントされる方は強く美しい方ばかりですが、今そうではないあなたにも、価値がある。

そう思います。

ありがとうございました!
入籍のご連絡を新年早々からいただけるとは思ってもいませんでした。

そして、わかりやすい「入籍」よりももっと大切なことが、頂いたコメントにはあります。

太字で強調しましたが、「あなたを愛してくれる人で、あなたを不安にさせる人なんかいません。」
ここ、極めて重要です。なのに「愛されている」と勘違いというか、思い込む女性が少なくないという現実を頂くコメントから感じています。

家に帰るまでの空いた時間

だいたい大切な人をいつまでも不倫という不安定で苦しい立場に置いておくワケがないんです。もちろんいわゆる「不倫男の言うところの愛情」全部が嘘だとは言いませんし、全否定するつもりもございませんが、所詮は「家に帰るまでの空いた時間」での出来事でしかありません。

確かに最初は楽しいかもしれませんがそんなに長続きするものでもないはず。すぐに虚しさ、苦しさ。空虚な関係に気がつくはず。そこにフタをしないで見たくもないかもしれない現実を受け入れた時に、きっと何かが変わるはずです。

関連記事

| 結婚/入籍のご連絡 | 20:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

https://onimaru.blog.fc2.com/tb.php/1419-32571888

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT